読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

私は電気で動く

電気を食べてエネルギー源にする細菌が発見される!!周囲に電線を設置してエネルギーを集める!! | コモンポスト

新たに発見されたこの電気細菌は、土壌に含まれる岩や金属から電子を集めて体内に取り込みます。このとき電気細菌は、電線のように通電する毛様フィラメントを周囲に張り巡らせることで効率よく電気を吸収します。その後、集めた電気をエネルギーとして利用します。

地球上のほとんどの生物は、糖などを吸収し、この糖をグルコースにまで分解します。その後、呼吸や代謝によって吸収した物質を化学的に反応させて、電子をやり取りして酸化と還元を行います。

ところがこの電気細胞は、物質を化学的に反応させることなく直接、吸収した電子を用いることで酸化と還元を行っています。つまり、さまざまな物質を介して電子をやり取りするという複雑な作業を全て省いて、非常に合理的なエネルギーの運用をしているということになります。


これほんとかなぁって疑ってるんですけど。ネタ元海外記事ですよね。海外の虚構新聞みたいのあるじゃないですか。あれじゃないんですか?

南カリフォルニア大学のケネス・ニールソン氏は、この電気細菌を「あなたが知っている宇宙人」「ある意味エイリアン」と説明しており、普通の生物とはかけ離れたシステムを持っているとしています。


だってほんとそう。そのとおり。これ地球上の他の生き物とただひとりだけやりかたちがってる。まるでSFじゃないですか、電気を直接食べるなんて。マッドサイエンティストがウォーミングアップ始めるような案件ですよ。ほんとにあったとしたらね。

この電気細菌を成長させる方法は単純明快で、海底から電気細菌が生息している堆積物の泥を採取し、研究室へと移動し、電極を突っ込んで電気を流すだけとのこと。たったこれだけで、糖やその他の栄養素を一切必要とせず、電気だけを吸収して成長するといいます。


こうだもの。ぼくらもバッテリで動くようになるのかも。スマホと電源統一できていいのかも。