読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

ぼくは何かを差別している

「まだまだ同性愛が公に認められていない世の中です。同性愛が苦手な人や嫌いな人はいっぱいいます。「一般人が検索してしまう可能性」を考えて下さい。ひぃ~

https://twitter.com/amezaiku/status/496272823648665600

これを読んで感じるもの?「差別主義者ヤベェ…」以外に何かあんの?

https://twitter.com/amezaiku/status/496272964925415424


ちょっとよくわかりませんでした。どのへんが差別主義的なんだろうって。ピンと来ない。でもいくつか後のツイートを見たら、あーそういうことかって。

「まだまだ黒人が公に認められていない世の中です。黒人が苦手な人や嫌いな人はいっぱいいます。「白人様が検索してしまう可能性」を考えて下さい→ @_Turner__ 差別って言葉はどっから出てきたんですか・・・ 後こちらのツイートをコピペするのはやめていただきたいところです。

https://twitter.com/amezaiku/status/496291131869519872


これだとなんとなくわかった。そういうことが言いたいのかーって。でもぼくの感覚だと「同姓愛」と「黒人」ではニュアンスが微妙にずれてる気がして、やはり最初のツイートはそれはそれでありなんじゃないかなぁって気もしてくるのです。

だって最初のを「まだまだオタクが公に認められていない世の中です。オタクが苦手な人や嫌いな人はいっぱいいます」に書き換えたら、そうよね、って思っちゃいますからね。オタク表現はあんまりおおっぴらにするのはどうなのって思う。ソフマップの壁とか痛車とかだ。まぁ以前に比べたらだいぶ心理的抵抗は薄れましたが。


ぼくの感覚では「同性愛」は「黒人」より「オタク」に近い。でもそれはおそらく、腐女子の多くは異性愛者として同性愛ネタを消費してるという想像があって、同性愛者の人たちが自分たちの表現として同性愛的イメージを使う、ということがあんまり意識できてないからの気がします。

どうなんだろ。同性愛者の人たちって公に認められたいから(今はまだまだ認められてるとは言い難いですよね?)、同性愛を象徴するものをばんばん世に打ち出したい、とふつうに考えていらっしゃるのでしょうかね。だとするとなんかこう、この手の話が出てくると極端な反応する人たちがいるのも理解できる気がする。