読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

板橋区には温泉がある


東京日帰り温泉 前野原温泉「さやの湯処」

まぁ板橋区に限らず都内に温泉はけっこうあるっぽいんですが、多くは銭湯ですよね。ここはweb見るとわかりますがどーんと豪華な日帰り温泉施設です。

都営三田線の志村坂上駅から徒歩10分かからないくらい。道も分かりやすい。A2出口を、出たのと反対方向にまっすぐ歩いてくと少しして見次公園があります。階段降りて池に沿って歩いて反対側に出て、ちょっと歩いてすぐ。

中入って下駄箱に100円入れて鍵を閉めます。んで受付に行くと初めてだったのでいろいろ説明してもらえました。タオルは購入とレンタルがあります。購入は110円だったかな、フェイスタオルのみ。レンタルは310円でフェイスタオルとバスタオルです。しかし実は大半の人はマイタオル持参でした。

温泉はこちら見ていただきたいのですがバリエーション豊かで。源泉掛け流しの露天風呂や壺湯、寝転び湯。ジェットバスも数種類。ふつうのサウナに薬草蒸し風呂等々あって飽きない。それにここの源泉やたら濃い。入ると自分の体もほぼ見えないです。塩っぽいというか鉄っぽいというか、そういう匂いがします。効きそうな感じ。

そして風呂上がって食事、となるわけですが、当然のごとくまずビールを(笑)。これがまた、よく手入れされた日本庭園を眺めながらいただけるわけですよ。窓側席は人気でしたけどね。十割蕎麦もありました。蕎麦いこーかなーと思ったけど、天麩羅で日本酒を一杯やってしまった。

施設としてはほかにマッサージ各種や、今回は入りませんでしたが岩盤浴があります。あと休憩所というか単なる畳敷きのスペースがあってみんな寝てた(笑)。そこは椅子とかなにもないのでぼくも寝転がってスマホいじってたら2時間くらい寝てましたね。

精算は最後です。最初の下駄箱の鍵にはバーコードが付いてて、館内の食事やら自販機やらはみんなバーコードで済ませるようになってます。で、最後に精算機で全部まとめてお支払い。払わないと出口のバーが回らず出られない、そんな仕組みでした。

都内で青空見上げながら露天風呂入れるなんてね。また行きたいと思います。


追記:おみやげに鈴虫を売ってました。館内でも鳴いてました。6匹6百円。高いのか安いのか??