読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

iPhone 6を買いましょう

朝起きて早速深夜になにがあったのか確認してみると、ほぼ事前情報で出ていたことばかりで、驚くようなことは何も起きていませんでした。ふつうのと、大きいのと、時計が出ていた。Apple TVがとかMac miniがとか、少し期待していたもののそういうのは何もなかった。NFCによる決済機能も噂されていたもの。特に新サービスもなし。

ですが既に欲しくてしょうがなくなっており、どうやって手に入れるか算段しています。これはどういうことだ……。Appleマジックですかね。

今回の最大のニュースは、少なくとも日本では、「SIMフリー版も同時発売」ということでしょうね。過去にはプレミア価格の海外版を買うか、海外通販で買うかくらいしか選択肢がありませんでした。最近になってやっとAppleは国内でも売るようになったけど、SIMフリー版の販売開始は新機種発売の数ヶ月後だったりしてました。

それが今回は最初からSIMフリー版も売るのです。これまで3大キャリアにいろいろ販売条件とか付けてさんざん宣伝させてiPhone売らせておいて、そして最近になって各社が報奨金引き下げて実質端末価格値上げになってきたところで、この仕打ち(笑)。

キャリアのiPhoneは高い! たぶん、一括で買うとSIMフリー版買うのと変わらない価格になるんじゃないですか。それでロック掛かってるんです。今回日本で売るiPhoneは1種類です。今まではドコモ/ソフトバンクとauは電波の関係で別のものを売ってました。それが今回は周波数の対応範囲が広いので、どこのキャリアでも使えるのです。ますますロック掛かったの買う理由ない。売るときも安いでしょうしね。



【西田宗千佳のRandomTracking】iPhone 6/Plus、Apple Watchファーストインプレッション - AV Watch

 まずはiPhone 6から。ファーストインプレッションは「きれい!」ということ。解像度的にはすでにAndroidでもっと高いものもあるのだが、どうもどこか違う。視野角が広く、発色が良いこともあってか、最初見た時にはまるでモックアップのように見えた。これは、4.7型の「iPhone 6」も5.5型の「iPhone 6 Plus」も同様だ。角とディスプレイカバーガラスの丸みが手にフィットするので、数字よりも薄く、軽く、やさしく感じる。特にPlusは非常に軽い。モノとしての「上質感」が、iPhone 6シリーズ最大の魅力といえる。


これこれ、こういう話が書かれてる記事はいいですよね。確かにiPhone6のディスプレイは、最近のスマホのスペックとしては大したことはないのです。でも、自分の目で見るとぜんぜん違うと。まーねー、Androidスマホって要はありもののパーツの組み合わせだもんね。やー楽しみですねー。

予約は12日から開始と。すでにAppleのサイトにはSIMフリー版の販売ページもできてますね。また夕方から予約開始するのかな。