読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

誰が否定しようともそれはあるよという話

なんかの症状なのか、病院へ行って、痛みのあることを訴える。診察・検査の結果、どこにも悪いところはないと言われる。しかし痛みはある。そんなはずはない、と医者は言う。

……みたいなケースってありますよね。どこも悪くない、って言われても、でもこの痛みはほんものなわけです。

他人からどれだけ否定されようが、現に感じているものは「ある」としか言いようがない。


命の重さってのを教えてくれ | 不思議.net

26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/27(木) 01:58:41.88 ID:x+OQA+620.net
>>23
生きる意味はないと思ってる


33: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/27(木) 02:03:09.56 ID:sHEBgQKg0.net
>>26
実際こうだよね?
苦しむのが嫌だから生きてるってだけだよね?


さてここで、さっきの"イタミ"を"イキルイミ"に置き換えてみます。それはあるとしか言えない。

生きる意味否定論者がどれだけ束になってかかってこようが、ぼくが現に感じているそれはゆらぎようがないし、「そんなものはありません」と言われることを屁とも思わないと言うか、ちょっと嫌なくらいなので屁ぐらいに思ってます(笑)。生きる意味はありまぁす! 取り出して提示することはできませんが。

人間全体として生きる意味があったり、なかったりするのではなく、あると感じている人とないと感じている人がいるという、ただそれだけです。いちいち書くほどでもない当り前っぽいことですね。仲間を増やしたい気持ちは、まぁ解るけどね。

「生きる意味はない」という人はただ「現在の時点では私の人生はうまく行ってません」という告白をしているに過ぎません。残念ですね。それがないことの証明を探すのではなく、あると感じられるような生き方をするのがいいんじゃないかと思います。