読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

ロンドンに誰もいない動画



これは凄いです。見事なもんだ(なぜか埋め込みが縦長ですが気にしない)。ロンドンの街並みから人間を完全に排除してしまったムービー。いや実は完全にではなく、チラチラと黒い鳥のような怪しい人影が視界のはしにいたりするのですが。音楽やイメージシーンとも相まって不気味さを醸し出してます。

さてこのムービーはどうやって作られたのかと言うと、実に、実に地道……。

まずは、カメラを固定して3~4分のムービーを撮影。

撮影したムービーをムービー編集ソフトで読み込みます。

次は読み込んだムービーをフレームごとに画像として書き出し。3分のムービーで約4500枚の画像が生成されました。

4500枚の中から、映り込んでいる人や車が可能な限り少ない画像を見つけ出し……

その画像をフォトショップで開きます。


そして大量のフレームから切った貼ったを繰り返し、人のいない画像を作り上げていくとのこと。マジか。

全ての人を消した後は、再びムービー編集ソフトウェアを開いて、作成した静止画が1フレームごとに数秒間続くムービーを作成します。ただし、作成した動画は止まっている状態なので、ここにリアリティーのある要素を付加していきます。

リアリティーのある要素とは、例えば下記画像の信号。点滅している信号を作成した動画に付け加えれば、より現実味あふれるムービーに近づくというわけ。


そうやって、静止画に対して点滅する信号や飛ぶ鳥、揺れる木々の葉っぱ等の動き要素を付け加えていくことでリアルなムービーにしていくとのころ。

それでいったいどれだけ時間を掛ければ4分の動画になるんですかね……ということを考えると恐ろしいモノがあります。そしてこれロンドンだからなんとかなるけど渋谷の交差点とかだったら無理じゃねーという気もする。

ちなみにクチバシ男はあれですね、中世のペスト医者。クチバシには悪性の空気から身を守るためのわらやハーブ、香料などが詰め込まれているとのことです。