読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

遅い量子コンピュータ

従来のコンピュータープロセッサの性能を大きく凌駕する可能性があるとされ、次世代コンピューターとして期待する声も高い技術が量子コンピューターです。GoogleもD-Wave社の量子コンピューター「D-Wave Two」の開発に参画していますが、先日実施されたD-Wave Twoの性能テストの結果が、従来の一般的なPCとほぼ変わらないものだったことが明らかになりました。


なんか測ってみたら全然速くありませんでしたわー、って記事。

そもそもD-Wave社の量子コンピュータはほんとうに量子コンピュータなんだろうか?っていう疑義が出てるという記事は見たことがあります。よくある、将来はそういうコンピュータができて何千何万何億倍も計算が速くなるよ!って記事で紹介されているものとは原理が違うというか、量子論的な技術は使われているけどでも……みたいな紹介をされていたような。

なので、まぁ、えー量子コンピュータって速くないんだがっかりー、という受け止め方は多分しなくてよくって、まだ出始めだから遅い、ような話でもなくって、これはなんか別の話でぜんぜん気にしなくてよい、ってことなんじゃないかと思ってます。だっていきなり「現在500量子ビット」とか言い出してるとこでもうなんか怪しいっつーか、これ研究室レベルの数十倍とか百倍の規模ですよね、そんなんいきなり出てくるわけない気がする。

で、なんで「パソコンと変わりませんでした」なんて発表をわざわざしたのかが一番わかりません。遅かったですってふつういちいち言わなくていいような気がするのですが。なんかあるのかなー。英語の記事の和訳なんで隔靴掻痒感が拭えませんが、頑張って元記事読もうって気もおきません。無理。