読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

不正選挙が大好き

2月8日の大雪が都知事選の投票率低下を狙った○○○の陰謀だというのは不正選挙厨のみなさんには周知の事実ですが、国民の大半はそんなこと知らないわけです。ツイッターでちょっと「不正選挙」とツイート検索してみれば出るわ出るわなんですが。すげー増えたよな。どうなってんですか。アニメアイコンで不正選挙だとか言ってる人はなんなの? ネットで真実に目覚めた(2回目)の?

それはそれとしてぼくは不正はあると思ってます。いやぁ、あの人たちの言うような、気象兵器で大雪、某社の機械が一瞬で投票用紙を書き換え、そういうのも楽しいですけど、開票時に束ねた票を違う候補者のところにカウントとか、病院や老人ホームからの不在者投票で同じ筆跡のが出てくるとか、そのレベルのはふつうにあるんじゃないかなぁ。

でも、不正があったとして、だからどうなのって話なんですよね。選挙のあるたびに(一部の人たちは一年中)「不正選挙!無効!」と騒ぎ立てることこそが目的なんでしょうか。結局、選挙負けてんじゃん。そのことを、どうするつもりもないのかな。「不正選挙!と声を挙げ続け、そのようにして一生を終えます」って感じの昆虫なのかな。

しかし開票所で票をコントロールできるならそもそも雪降らせる必要はないし、どうせ負けるんなら最初から宇都宮さんや細川さんにそれを教えてあげるのが親切ではないかと思うんだけどどうなんでしょう。真面目にやってんのに可哀想じゃない?