読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

いまだに左寄りの人たちが知っておくべきふたつのこと

つまり右傾化する人達は、自分達が生きている世界は「正しいことが正しいことと認められる完成された公正な世界」であるはずだと勘違いしているわけです。残念ながら我々が生きている現代の世界は「欧米を中心とする偏った価値観が幅をきかせている世界」であり、「第二次世界大戦の戦勝国側が第二次世界大戦から得た利益を手放そうとはしない程度の野蛮な世界」なのです。


挑発的なタイトルだったので反応したくなりました。内容は「そうかもしれないねー」とうなずけるものでしたが。で、右傾化の反対は「左傾化」ではなく「いまだに(笑)左寄り(笑)」だと思ったので、タイトルに組み入れてみました。

この不完全な世界でいかに生き抜くべきかを考えるなら、ムキになって靖国神社に参拝しても国際的な立場を悪くするだけで何のメリットもないと分かるはずですし、国際世論を味方につけるためにはどう振る舞うべきかも分かるはずです。隣国の挑発には毅然とした態度で冷静に対応し続けるしかありません。汚い言葉を吐いても、下品な報復をしても、こちらの立場が悪くなるだけなのですから。


……というのが結論らしい。


さて、右傾化するぼくたちはこの"事実"を分かってないのでしょうか。どうやろねー。でも、いまだに左寄りの人たちに問いたい。「だからといって、正しくない世界に甘んじていてもいいのか?」と。

そう、ほっといたらここはずっと「欧米を中心とする偏った価値観が幅をきかせている世界」のままなんですよ。だから少しずつでも「それはおかしいよ」と言い続けていかないといけない。黙っていてはいけない。変えていかないといけない。それが時には、いまだに左寄りの人たちには、「ムキになってる」とか「汚い言葉」とかそう見えることはあるでしょうが。

でもここでまずひとつ知っておくべきことなんだけど。右傾化するぼくたちは、いまだに左寄りの人たちとは違って、命よりも大事なことがあるって知ってるんですよ。それに殉じて死ぬのはね、まぁアリかなって思ってるわけ。美しいものや正しいことを守って死ぬなら、まぁそれも仕方ないって考えなわけですよ。

そこがたぶん、(自分の)命より大切なものは存在しないと思ってる左寄りの人たちと違うところなんじゃないかなぁ。つまり「根本的に分かっていない」ってのがそもそも勘違いかも知れないねーって思います。


あとそれと、元の文章でも書かれていますけど、ここは「欧米を中心とする偏った価値観が幅をきかせている世界」「第二次世界大戦の戦勝国側が第二次世界大戦から得た利益を手放そうとはしない程度の野蛮な世界」なのです。どうしてそうなっているかというと答えは簡単で、わたしたちは戦争に負けたからです。

つまり戦争には勝たなくてはいけません

理由の如何に関わらず戦争には勝たなくてはいけない。でないと、隣の国から延々くッだらねえことぐちぐちぐちぐち言われるハメになったりするわけです。

戦争は絶対にしてはいけないが、仮にもしすることになってしまったら絶対に勝たなくてはいけない。たとえ相手から仕掛けてきたものであろうとも勝たなくてはいけない。あらゆる前提は無関係でとにかく勝たなくてはいけない。でないと、またいまみたいな世界(か、もっと酷い世界)になってしまうわけです。憲法で禁止されていようが、やる以上はそうなのです。武力放棄とかあり得ねえから。

知っておくべきことのもうひとつはそれです。よろしくね? 知っておいてください。