読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

インターネットの地獄

朝方発覚した「すき家」の店員が業務中に寝ているという衝撃的な写真はネットで話題となったが、それをインターネット上に公開した男性も今度は個人情報を晒されるという騒動に巻き込まれている。問題が指摘されているポイントとしては、写真をアップした男性がこの店員を「叩き起こした」という行為が「暴力的」だとし、就業先や本名などの情報がネット上に書き込まれる事態となっております。


これはぼくの好きな要素がいくつも詰め込まれてますねー。何ヒットコンボだよ。「すき家」「晒し」「DQN自慢」「炎上」「アカウント閉鎖」「個人情報流出」……

それと、ひとことでは言えない(名前がついてない)のですが、「どうしようもないくっだらないことでの」炎上、「悪いやつには何をしてもよい」みたいな要素も含まれてますね。

どうしてこういう品のないのが好きなんだろう(グロ画像も好きだし)。よくわかりません。そういうところも含めて人間だから、とか、きれいごとばかりの人たちへの反発、とか、いろいろ考えてみたけれど、全部あとづけの理由の気がします。単に刺激物が好きなのかな。あるいは子供がくだらないことでギャーギャー騒いでるのが順当に歳を取った(おとなになったわけではなく)だけかも知れません。


でも最近思った。こういうひどい記事が好きなのと韓国嫌いなのは繋がってる。韓国嫌い嫌いといいつつ韓国の酷い記事(沈没船関係も嘘と斜め上だらけでウケる)読んで笑ってるのってけっきょく歪んだものが好きだからなんだよね。ほんとに嫌いなら全部カットオフすればいいだけなんだから。