読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

森の図書室行ってきた

森の図書室 - 東京都渋谷区 - 図書館、カフェ | Facebook

 渋谷・道玄坂沿いに5月末、夜間営業を行う図書室「森の図書室」(渋谷区円山町)がオープンする。


日本のクラウドファンディングのキャンプファイヤーでパトロン募集してるの見て、パトロンになると自分の好きな本1冊を本棚に並べてもらえる!というのがなにそれ面白いと思って、パトロンになりました。5000円コース。多くの人は1万円コース(会員権付き)を選んでるみたいですが、ぼくは渋谷あまり行かないなぁと思って。しかし1冊では惜しいので5000円コース2つ申し込んでしまった。

それで昨日、創設者?店長?の森さんが現地にいると聞いて、本を直接渡しに行ってきました。実は行く途中で気づいたんだけど、店の住所がどこにも載っていない! webページに載ってる大まかな「このへん」という丸の付いた地図と、道玄坂沿いという情報でビルをチェックしながら歩いて行くと、それっぽい物件があったので、階段を上がっていくとそうでした。見つかってよかった。

そしたらTVの取材やっててカメラ入ってて、いま中入ると映る可能性があります、ということをスタッフの人から丁寧な口調で説明されました。いやいやそれは困るということで、カメラが止まるのを待ちました。

それから森さんにお会いして本をお渡しすると、お薦めの本にはお薦め理由をメッセージとして書いていただきたい、とのこと。しかし僕の持ってった本は2冊とも表紙折り返しが黒い紙。白のペン買ってくるのでその間よかったら本買いだしボランティアに参加していただけませんか、ということで承諾。1000円渡されてセンター街のブックオフへ。渋谷のブックオフはくさくなくて良かったですw

1時間半くらいかけて4冊を選び、また森の図書室へ引き返す。んで買った本をお渡しし、持ってきた本に白ペンでなにやら書き込んで、今日のイベントはおしまい。選んだ本は下の2冊です。渋谷行ったら借りてやってください。


全宇宙誌 (1979年)

全宇宙誌 (1979年)

力の話(新装・新訳版)

力の話(新装・新訳版)


ほんとは5000円コースには並べる本の代金が含まれてるところぼくは勝手に持ってっちゃったわけなので、森さんからあと2冊選んでくださいと言われております。その2冊ももう決まってる。