読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

海月姫観てきた

映画『海月姫』公式サイト


本日も会社帰りにフリーパス活用で観て参りました。

また事前情報入れない感じで。知ってるのはこれ漫画原作でアニメ化もされてて、そんで能年玲奈さんがクラゲオタクの女の子を演じる、というだけ。最後のそれだけを興味に行ってきました。

能年さんと言えばあまちゃんらしい。が、観てなかったのでどんなふうだったのかは知りません。初めて動いてしゃべってるの見たのはこの正月休みのTV番組かな。なるほど、素の状態でなんかちょっと変わったキャラでした。

そしてこの映画、オタクは彼女だけかと思ってたんだけど、彼女の周囲の女性もみなオタク。このオタク女性たちの描かれ方がもう極端にカリカチュアライズされてて、もっとリアルなドラマなのかなーと思ってたので気分切り替えて観ました。コメディおとぎ話といった感じでしたね。

能年さんはオタク丸出しの格好で出てきたり着飾らせられたり着物だったりクラゲドレスだったりところころファッションが変わるのですが、オタクの時がいちばん可愛かったような。メガネ補正か。キャラクターはなんというか、素の状態の時とそんなに差がないように思いました。あまちゃんでどんなふうだったのかは存じませんが、この人ふつうの人(月海言うところの「おしゃれ人間」)の演技ってできるのかな……?

面白かったかどうかと言われると微妙なとこですね。能年玲奈ファンで興味あるんだけど!という人は行ってだいじょうぶだと思います。あと原作好きな人も多分だいじょうぶ。帰りのエレベーターで女の人が映画褒めてました。キャスティングが凄すぎる、原作のイメージのままだと。あとクラゲドレスが実物で見られたのがほんとうに良かったと言ってました。あ、個人的には女装男子がレベル高すぎでこれはすごかったし見る価値ありかなと思います。



そう言えば、姿を見せないBL漫画家先生、というキャラがいるんですが、この人カメラに映らないからキャスティングがされてないんですよね。ドアの向こう側には存在してるのに。ちょっと不思議な気分です。