読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

アップルシードアルファ観てきた


アップルシードの何度目かの映像化ですね。原作は大好きですが映像化されたほうは人気はいまひとつ……のような気がしてます。その割にしつこく続けてるのは海外での人気が高いからなんでしょうか、謎です。


こちら最初のやつのトレイラー。これ何度も見たなぁ。ブンブンサテライツそしてベースメント・ジャックスの曲はまっててカッコ良かった。



そしてこちらが今回のトレイラーになります。今回のは「アルファ」ってことで、デュナンとブリアレオスがオリュンポスに着くより前の話です。



映像の進化具合が凄まじい。いや、方向性が違いますね。アニメ調からフォトリアリスティックへ。これがデュナン……?ってのはまぁ置いとくとして、不気味の谷から這い出るのもあともう少し、ってとこまで来ている気がする。

しかしですね、正直に申し上げる。公開初日にこんなこと書いてすみませんが、これ脚本が全然だめだろう。なんでこれでok出たの?ってくらい酷いと感じました。

まずデュナンがデュナンじゃないよね。台詞から知性を感じないのでぜんぜん士郎正宗キャラじゃない。あまりものを考えてなさそう。なんか途中でやるべきこと投げ出そうとするし。

なんというか、ストーリーはあるんだけど、キャラの側に動機がないっていうか。描写がうすっぺたい。キャラに内面がない。セリフ回しも変だし間も微妙。そしてテーマをキャラに言葉で説明させている。

映像は凄いです。特に最後、例によって多脚砲台が出てくるんですが、これはほんとうに大迫力だった。あとブリアレオス始めサイボーグたちの質感も良かったですね。風景描写も現実をHDR化したみたいで美しい。

しかしぼくはミリタリーマニアじゃないんですけど、それでも首をひねるような描写がいくつもありましたね。ドローンと呼ばれてる戦車の砲塔に脚がついたようなやつ、これ頑丈そうに見えるのにデュナンが銃で何発か当てるとドッカーンだしね。よわすぎるだろ。そういう、なんだか武器とダメージが釣り合ってないようなのが多かった。絵はいいのに動くとダメっていう。走る車の挙動もなんだか変に感じたなぁ。あと双角が不死身すぎる(笑)。

一応個人の感想と断っておきます。英語版で字幕なしで見るといいのかもしれない。お話はどうでもいいです。台詞も雰囲気だけでいい、内容わからなくていい。ともかく映像は見る価値があると思います。