読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

世間の正しさ

よし明日は一日Ingressだ、なのでまず朝から風呂ね!と昨日のうちに計画を立て、わざわざ早起きして御徒町のサウナに行ったんでした。朝4時からやってる。そんなに早く行ったわけではないですが。

で、頭洗って体洗って、とりあえず湯に浸かってふへーとか言って、ちょっと休んでからサウナのほうに行ったわけです。中はテレビついてて、先客で、お爺さん、と呼んでもよいような年の男性2人がいました。

テレビはなんか障害者ネタのをやっている。麻痺で、首から下がぜんぜん動かない男性が、吐く息でタイピングできる装置で、自分のことについてネットに書き込みをしている。2ちゃねんねるですかね。すると心ないレスが付くわけです。お前もう生きてる意味なんかないよ死んじまえ、みたいのとか、税金払ってる他人に感謝して大人しくしてろ、みたいのとか。

そしたらそれまで黙ってテレビ見てたお爺さん2人が怒りだしてね。本気で怒ってるわけです。なんていう酷いことを言う奴らだ。けしからん。とんでもない。もし自分がそうなったらということを想像もできないのか、と。今まで静かだったのに声を荒げて。かつ、2人で怒ってましたが2人とも別に知り合いでもないようでした。

それを見てぼくは、ああそっか、ここ怒るところなんだ、と思って、怒るほうが多分健全で、このお爺さんたちは良いのだ、と感じたんでした。ぼくはこういう、ネットでなにか書くと付くクソみたいなレスを、ふつうのことだと思ってた。ふつうで、気にするほどのことじゃないって。もうそれに慣れっこになって長い年月が過ぎてしまってた。ほんとはやっぱりおかしいのかもねって、そう感じました。これはおかしいのだってきちんと感じられる人がまだいることを、好ましいと思った。

ただぼくは、もし自分がそうなったらってことを想像はできても、その確率が低そうだったらとりあえず無視して進めるタイプなので、まぁそれとこれとは別だと思ってます。あと、口には出さなくても内心はどうだかね、ってのもあるだろう。口に出さないのが大事なんだよってのはわかってますが。