読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

Tumblr活動でお手軽に承認欲求を満たしてるんですが

ぼくがネット絡みで日々ある程度の時間を費やしているものとして、まずこのはてなブログがあります。それからTwitterがありますね。あと、ネット関係と言われるとちょっと微妙だけどIngressもやってる。Instagramもやってますが、こちらは毎日というほどではないですね。で、これらの活動は微妙にゆる〜くつながっています。

が、ひとつこれらとまったくつながってないものがあり、それがTumblrです。

mstmbl

ぼくのTumblrは「ネット上にあるかわいい2次元の女の子の絵をひたすらpost/reblogしていく」というだけのものです。pixivその他を毎日巡回、ほぼ同じことをしている人のTumblrを50個フォロー、たまにTwitterに流れてくる絵など、だいたいそういうところから「これは」と思ったものをpost/reblogする。

いつ始めたのか忘れました。そしてしばらくは、ぼくがpost/reblogした絵にリアクション(like/reblog)があるのは2,3週に1回とか、みたいな状況が続いていたんですが、ある日を境に急にリアクションが増え始め、フォローされることが増え始めました。これは徐々に、ではなく本当に急に、だった。たぶん、ぼくと同じようなことをしているけれどはるかにフォロワーが多い人が、ぼくのpostをreblogしたんじゃないかと思ってます。

そういうことがあって、それまではせいぜい相互フォロー+αくらいだったフォロワー数が、今年の始めには300人くらいになってました。そしてその後、増加の勢いが徐々に上がり始め、今日現在では700人くらいです。1日数人フォロワーが増える感じ。日ごとの届くリアクションの数は数百件というところです。要するにこの日記よりおそらくはるかに多い数の人がぼくのTumblrを見ているんだと思われます(笑)。

そしてこのリアクション、誰々さんがあなたの投降を「スキ!」と言っています、リブログしました、というiPhoneへ届く通知が、ぼくの承認欲求を満たすのにかなり役立っている気がしてます。自分では絵を描いてないのに!認められた気になる(笑)。何が? この絵を選んだセンスとかが?(笑) まさに上澄みだけいただくというやつだこれ……。

しかしぼくは誰がぼくをフォローしてるんだか知りません。ほんと知らない。1人だけ面識がある人がいるけど、あとはまったくなんのつながりもない人たちです(たぶん)。おそらく外国の人とかもそれなりに混じってるんじゃないかなーと推測はしてますが(like/reblogされる時間が1日中ずっとなので)。どこの誰とも知らん人々からの、パルス的な反応。ぼくがpost/reblogを止めたらそれきりだろう。ただのうすい、つながりとも言えないようなそれのおかげで、日々を生きることがそれなりに楽しくなってたりもするのです。安い。そして不思議。

でもそれで、少し前までは日に数十件くらいのリアクションで、あーリブログされたうれしー、くらいだったんですけど、いま数百件になって、なんていうか、iPhoneのバッテリが減るの早くてですね。だって見るとディスプレイ点いてるもんね。真っ暗になってる時間が非常に短い。かと言って通知切るとお手軽承認欲求充足デバイスとしての役割を果たせなくなってしまう。家に帰ってから今日どのくらいリアクションがあったかチェックするんじゃ足りないわけ。随時、それを満たしたいわけですよ。


それでね、Apple Watch(ようやく本題)を腕に付けてるとそっちに通知が来るようになるわけですけど、Appleの想定だと「1日90件の通知」みたいな感じが平均ユーザー層として想定されてるっぽいんですね。数百件来たらバッテリもたないんじゃないかなー。心配です。いや、なんかこういう歪んだ承認欲求への渇望みたいのを心配したほうがいいの?