読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

WindowsでiOSアプリ

k-tai.impress.co.jp

 今回の発表により、新たなSDK(ソフトウェア開発キット)も用意される。これは、.NETやiOS、Androidなどに向けて作成されたコードを少し修正するだけで、Windowsストアで提供できるようにするというもの。


なんとまぁ。ただしiOSアプリの対象はObjective Cで書かれてるやつで、最新のSwiftではないようです。

さてこれ、Appleとしては面白くないですよね。MacでWindowsは動くんだけど、iOSアプリがWindowsで動くのは多分許せないと思う(笑)。なぜならMicrosoftはソフトの会社だけどAppleはハードの会社だから。

MacでWindowsを動かすときはちゃんとMSにお金払ってWindows買うわけです。なのでソフトの会社であるMSは歓迎する。一方、iOSアプリがWindowsで動くとなると、iOSのハードであるiPhoneやiPadが売れなくなってしまう。だからAppleは嫌がる。Appleにとってはソフトはハードを売るためのオマケ、大量生産で安く作ったハードをAppleブランドのプレミア価格で売りまくるのがAppleのビジネスモデルなので。

というわけで、どうかなー。WindowsストアにもiOSアプリ出してる会社は審査でこっそり嫌がらせするとか、Appleはきっとふつうにやると思う(笑)。こっそりどころじゃないかも知れないな。

ところでAndroidアプリがWindowsで動くのはどうだろう。Googleはなんの会社なんだっけ。広告の会社? 検索窓さえあればOSがなんだろうが気にしないのかもしれないですね。それともAndroidのライセンス料が減っちゃうからだめかな。