読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

MacBook Retina 12 こんなかんじ

さて今日はこの新MacBookのセットアップ、ひと通りは終えたところです。

話題のキーボードにはまだ慣れませんね。ストロークが浅いのはまぁいいとして、隣のキーとの隙間が狭すぎる気がします。普段はデスクトップのiMacでワイヤレスキーボードを使ってるのですが、つまりはこのMacBookでミスタイプするってことはぼくの普段のタイピングは相当雑だってことですかね。もちろんミスタイプがあろうがiPhoneでフリック入力するよりゃはるかに早いです。

トラックパッドは不思議な感じですね。クリック感があるのですが実際には沈み込んでいない。指先が騙されてるわけです。電源が入ってないとクリック感は消失します。ほんの少したわむだけ。しかも、今回から「強く押す」が加わったので、2段階沈むように指先は感じてるのです。音も1段階目と2段階目ではちゃんと違う。そして押したのが戻るときの感覚もきちんとあるのです。もしかしたらこれ、将来的にはキーボードにも採用されたりして? キーストロークが浅くなり、ついにはゼロになってしまうのでは(笑)。

あと、Webを見てて、あれ、なんかこのトラックパッド滑る……って感じたんですが、どうも指先でページをスクロールさせようとすると、表示がついてくるのが一瞬遅れるんですね。CPUが非力なのかあるいはすぐ省電力モードに入っちゃうのかはわかりませんが、iMacでWebを見ているときのようなダイレクト感がありません。なんだこのツルツルしたトラックパッドは……って気分になってしまうのですが、実際にはそれも錯覚です。表示が追従しないのを脳がそう感じているだけという、


今日はスタバでドヤリング!はしませんでした。なにかケースないと傷つけそうで持ち運びが怖い。さっきアマゾンで注文したので明日には届くかと思います。せっかくノート買ったんだから外に持ってかないとね。でも今日思ったんですが、今日とか気温高すぎじゃないですか? 部屋のなか32度あって、iMacのファンも高速で回っており、これPC的にダメージ受ける温度なんじゃないだろうか……と思いました。そして思わず冷房を入れてしまった。室温を上げない、熱を出さない、ひいては省電力で地球に優しいということで部屋でノート使うのもいいのかなと思ったり。まぁ普段地球のことなんて考えてないんですが。