読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

北風にあおられる

安保法制賛成派の冷笑性と、詭弁と感情論のエモ勝負に全振りする反対派の戦略の成功 - Togetterまとめ


まぁそっかなーと思います。今回の法案はなんかに勝ってなんかに負けたってやつ。試合に勝って勝負に負けたでしたっけ? 逆だっけ? 法案は通るだろうけど支持率は急降下と。まぁゲームで言えば強い1ユニットを犠牲にして難関をクリアしたってとこですか。首相は犠牲になったのだ……。

左側はいつもと同じ感情論でした。命がどうこう死がどうこう言って不安をあおっていくスタイル。風で言うと北風。それうまくないやつって童話では決まってるんですけどね。原発の時もそうだったし、特定秘密保護法とかの時もそうでした。どんどんあおってって、時間経つと忘れてくスタイル。そして放射能って結局どうなりましたっけ。特定秘密保護法が成立して、ぼくらの生活はどう変わりましたっけ? 反省はないんだろうな。今回もそうなるのかな。

いろいろ言って逃げて絶対対案は出さないんですよね。政策立案しない野党に存在意義ってあるんですかね。


こりゃ話通じないなーと思いました。同じ行為について、2つの全く反対の見方があるのです。アメリカのことを、銃があるから乱射事件が起こるんじゃん、ってぼくは笑ってました。もちろんアメリカ人の中にもそう考える人もいます。しかし、銃があるからこそ身が守れる、と本気で信じている人たちもまたいるのです。

同様に、軍隊があるから戦争が起こると考える人たちがいる。ぼくは軍隊があるから戦争から国を守れる、と考えているのですが、どうにも互いに歩み寄れるような気がしません。しかも例えで言えばこれぼくは銃があるから身が守れると考えている側で、ぼくがバカにしてる側じゃないですか。まぁ、銃は持ってる人のほうが少ないのに比べ、軍隊は持ってない国のほうが少ないというよりは周囲の国すべてが持ってるって点が異なりますけども。

反対派の中には右側は戦争をしたがっていると心底そう考えている人もいるみたいです。そんなことがあるわけないだろうが。ほんとうに、力が抜けますね。


国民への説明が足りないって、ちゃんと説明してたよな……。足りないのは「理解しようとする気持ち」じゃないんだろうか。高校生へのアンケートで、1/4くらいが「法案が通ったら徴兵制になる」と考えていたらしい。それか、家まで説明に来てくれるのを待っていたとかですか?