読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

ゲームしてるのを録画する


Wii Uでゲームの動画を録るために買ったのはコレでございます。Windowsだとハード+ソフトの構成でお安いものもあるんですけど、Macなので選択肢はあまりなく。完全ハードウェアエンコードしてくれるこれにしました。新製品なんでレビューとかなにもなかったんですが。

電源はUSBから取りますが、このUSBはPCとは繋がりません。電源専用です。USB ACアダプタが付属しています。本体にはスイッチは3個だけ。録画開始/終了と、1080P/720P切替と、入力切替です。ビデオ入力はHDMIのほかコンポジットとコンポーネントに対応しています。

720Pだと60fpsで録れますが、1080Pだと30fpsまでです。まぁこの製品、ゲーム実況プレイ動画を録るのを意識されてるようなので、充分なんじゃないかって気がします。もちろんマイク入力も付いてます。

USBメモリやUSB接続のHDDをつないで録画開始/終了すると、ファイル名も勝手について、連番でどんどん動画が作られていきます。あとはPCにコピーして編集すればokです。動画は特になんの問題もなく録れてますね。あっさりしたもんです。

注意点としては、これ電源スイッチがありません。常にオン状態です。でも、ゲーム機がオフでビデオの入力がないと、オレンジのLEDが延々ペカペカしてます。気になる人は気になるかもですね。本体も割とホカホカしてます。録画しない状態でもHDMIパススルーしなくちゃいけないから、常時電源オンはまぁ妥当な設計なんでしょうけどね。パススルーによる出力遅延は感じられませんでした。

あと、赤外線リモコンが付属しており、手元ですべての操作ができます。これは便利。静止画のキャプチャは本体にボタンがなくこのリモコンでしかできないようです。

そんなわけで、満足行く製品と考えてます。7/31までは4000円安く買えるみたいです。