読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

次のiPhoneをどうしましょうかって

Appleのイベントが9/9にあるという話が出ており、時期的に次のiPhoneの発表であることは間違いないと見られています。

それでぼくは、次のはたぶん買わないだろうなーと。ご存知の通りiPhoneは2年ごとに大幅にバージョンアップしたものが出てくるのですが、今年はその狭間の時期、マイナーチェンジモデルのタイミングです。でね、前回の「ディスプレイが大きくなった」以上の何かは、どう考えてもありそうにない。感圧タッチとか、「できるからやってみました」以上のものじゃないですよ。大した使い道も思い浮かばない。Apple Watchでの感圧タッチはそもそも入力インタフェースが限られてるから有用でしたが。それにiPhoneと違ってすべての機種に搭載ですし。

それと、SIMフリーモデルの入手性にも不安があります。前回も発売当初は超品薄だったし、しばらく販売を停止してた時期もあった。ぼくはMVNOのSIMに変えてしまったので、SIMフリーのiPhoneでないと乗り換えることができません。実はこの縛りは結構キツい気がする。Apple Storeでしか買えないですしね。6 Plusも「入荷するかしないかわかりません」と店頭でわざわざ断りがあったのに並び、結局は並んでる最中にWeb在庫の入荷タイミングをこっそり教えてもらってすかさず路上でiPhoneから注文、という極めて怪しい販売方法でした。あんなスリリングなのはもうたくさんって気がします。

なので今回はいいやーという気分です。つーか6 Plusの満足度が高すぎるんだよね。今までで一番いい。ディスプレイは一度大きいの使うともう戻れないですよ。あとは更に大きくするしかない。それでリセット掛かったのがApple Watchだと思うんですよね。でもApple Watchもだんだん大きくなると思いますよ(笑)。

そういうわけなのでぼくが次に買うApple製品はiPadのデカいやつだと思います。そしてそこではKindleが大活躍することになるでしょう。そろそろ本格的に紙から電子へ移行したいんですが、現実的には漫画だけになるでしょうね。どうでもいいような実用書とか売れ筋の小説以外は電子化されないですからね。