読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

なぜ自由意志は存在しないのか

人間に自我があるとか自由意志があるとか全部間違い | 不思議.net


読んでみたけど、これはいわゆる「わかってる>>1」だった。なんか質問を投げて答えを得ようとするスレではなく、自分なりの答えがすでにあって、それを世間に知らしめる、あるいは世間に通用するか確かめる、みたいなスレ。

で、ぼくの考えていることはほぼこの>>1と同じです。ぼくらの知っている世界はぼくらの知っている物理学の法則に従う。とすると、なにかが起きたとすれば必ず過去にその原因があったはずである。なにかの考えが浮かんだとしてもそれは周囲の環境や過去の経験の蓄積の結果に過ぎないので、つまり自由意志はない、とする。あと、不確定性原理があって、必ずしも未来は決定されてないだろ、ってのもあるんですが、それについては「それって乱数みたいなもんだしつまり自分の意志ではないよね」って回答になる。つまりやっぱり自由意志はない。

しかし、自由意志はじっさいのっところないとしても、あるとしたほうが便利なのは確かです。ぼくらは自由意志があるという感覚を捨てられない(自分で考えて行動していると感じるし、そうとしか思えない)ですし、それに、自由意志がないとすると、個人の行動の責任を問えなくなる。他人を殴っても、いや自由意志は存在しないんだし俺の責任ではない、ということになってしまいます。そもそも責任という概念が成立する条件として、人間は自分の行動を選択できるという前提がある。殴るという動詞だってそうですね。自動詞、自分の意志でやっている感じがある。ほんとうは、そこで殴るという行動が観察された、ぐらいのはずなのに。

自由意志は存在しない、という考え方がいつか世間に受け入れられていくのかなぁ、などと想像します。いや、想像してるんじゃなくて、周囲の環境と過去の経験の蓄積がいまぼくをそう考えさせただけなのですが。科学では当たり前とされていることが世間にはまだ受け入れられてない、そんな事例はいくらでもあるはずなので、いつか、自由意志なんてなかったんだなぁ、ってのが当たり前になるのかも知れません。でも、なんとなくですけど、そのほうが人間は自由なような……感じがします。責任、という概念から解き放たれるわけですし。何をしても自由、いやほんとは自由じゃないんだけど、自由にふるまっているという感覚だけは残り、責任はないという世界がそこにあります。

それとも、自由意志がないということの意味を完全に理解できたら、この自由という感覚も消え去ってしまうんでしょうかね。