読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

フェス

さてこの週末はスプラトゥーンのフェスが(ゲーム中で)開催されています。土曜日の昼12時から24時間。3-4週間に一度くらいのペースで実施されるので、その週末は時間的にいろいろ拘束されざるを得ないという。任天堂め〜(うれしそう)。

フェスではプレイヤーであるイカたちが2陣営に分かれて勝敗を競い合います。今回のお題は「(自分を例えるなら)アリvsキリギリス」。童話でしたっけ?のアレです。ぼくはキリギリス派にしましたが、いやー1日中ゲームやってんのなんかみんなキリギリスじゃね……とか、アリは土日も仕事じゃね……とか、キリギリスが頑張るって話の流れからしておかしくね……とか、つーか外国からみたら日本人みんなアリじゃね……とか、いろいろ言われております。前回の午後の紅茶レモンティーvsミルクティーはかなりの大差でミルクティー派が多かったのですが、今回はそこまでではないようです。


スプラトゥーンは4人対4人のチーム戦なのですが、1ゲームの勝敗が決した後に、続けるか止めるかを選択できます。続けるにすると、同じ8人のメンバー(チーム分けはシャッフル)で次のゲームも対戦できます(もちろん、止めるを選択して抜けた人がいたらそこは入れ替わります)。ぼくは普段は勝っても負けても後腐れなし!のつもりで常に止めるを選択していました。

が、今回は勝ったらそのまま同じチームでずっと続ける、一度でも負けたら止めるで抜けるそして休憩、ということにしました。他のプレイヤーの感想で、ずっと同じチームで連戦連勝してすごい楽しかった、チームのみんなありがとう!みたいなの見て、あーそれいいな、と思ったからです。というか単純に勝ったチームは多分強いのでそこで続けたほうがいい(笑)。

そのようにしたら、開幕から10ゲーム近くを同じ4人でずっと勝ち続けて、一気に称号が上がってしまいました。なるほどこれはいいものだなーと。何ゲームか同じメンバーでプレイしてると、だいたい最初誰がどっちに塗り込んでいくか分かって役割分担みたいのもできてくるし、ピンチの時に助けたり助けられたりするのも増えるように思います。これは素晴らしいことが起きています。でも1回負けるとぼくに見捨てられてしまうのですが(笑)。や、負けてもそれまでのこのチームの勝率が0.5以上のうちは続けよう、とか考えるの面倒くさくて。そこは実利ですね。他のプレイヤーとの親睦を深めたいわけではなく、数多くのゲーム数をこなさなくちゃいけないので、ポイントをいっぱい稼いで早く終わらせたいのです。


「フェス」のアクセント、世代によってちがう!ということを聞き、今回のフェスを期に発音を変えることにしました、「フェス↘」は古い世代、若い人は「フェス→」みたいですね。若者のそれにします。