読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

賛成デモ


賛成派のデモというのは珍しいですよね。ていうかぼくはずっと、デモって何かに反対する人がやるものだと思ってました。


デモ活動 - Wikipedia

デモ活動(デモかつどう,英語: demonstration)は、ある特定の意思・主張をもった人々が集まり、集団でそれら意思や主張を他に示す行為である。デモとはデモンストレーションの略語であり、示威行為、示威行進、デモ行進、デモ集会、あるいは単にデモとも呼ばれる。


別に反対に限定されているわけではないようです。ですが、過去に、何かに反対したい人たちが何かに反対するデモ以外のデモを見かけたことがないので、そう思い込んでいたんでしょうね。

しかしまぁ、賛成デモなんて初めてなので違和感がありまくりです。そもそもだ、賛成派はSEALDsとかそのへんのデモを「デモなんかやってもなんも変わんね〜よ〜www」とこれまでバカにしまくってきたではないですか。そして、安保法案が成立することはほぼ確実で、なにもしなくても賛成派の望み通りになるわけなので、ますますデモをする理由はない。このデモは二重におかしい。

だから、おそらくこれは、賛成デモじゃなくて、反対の反対デモなんだろうなぁ、と思います。各地より報告される反対デモのツイートやマスコミ報道に危機感を持って、賛成の勢力もいるんだよと(もちろんいるに決まってるのですが)、それを見せようとしたものではないかと。

「守ろうニッポン 戦争させない大行進」実行委員会が呼びかけたもので約500人が参加。「集団的自衛権は限定されている。戦争法案というレッテル貼りは見当違いだ」と声をあげた。


ささやかな人数ですね(笑)。写真見てもそんなもんだろうという感じ、たぶん反対派のように盛った数字ではない。

まぁ、ぼくは賛成派なんですが、賛成デモに参加しようという気は、今のところはないですね。デモってぼくには悪印象が強すぎる。そして、ふつうの人の参加をSEALDsなどは強調していますが、やっぱりそうではないんじゃないかという気もします。デモなんか行くのはちょっと変わった人(←おだやかないいまわし)ですよね。ぼくはごくふつうに、選挙での投票行動で政治参加します。