読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

『劇場版 蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ- Cadenza』観てきた

アニメ「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」公式HP


タイトル長すぎだよね(笑)。観てきました。結論、傑作だろこれ。ファンなら観て損なし。絶対行くべき。

ぼくは原作の第1巻を本屋で表紙買いした人間で、アニメ化も楽しみにしていたんですが、TV版には不満がありました。大迫力の艦隊戦が見れたのは確かに良かったけど、ストーリーが途中から原作とずれ始め、やがて決定的に別物になってしまったからです。ついでにいうとイオナの性格もまるで別ですし。

しかし、前回の劇場版くらいでは、まぁこれはこれで……くらいに評価が盛り返されてました。そして今回の劇場版2作目で完全に考えを改めさせられた。蒼き鋼のアルペジオは、原作も、アニメも、どっちもすげえ面白いよと。

今回の劇場版2作目のすごさは脚本にあります。なにせ原作はまだ連載が続いてるのに、アニメはこれで終わらせなくてはいけないのです。その難題にほぼ完璧な回答を与えた。原作に残る謎・伏線を巧みに利用して、できる範囲で納得のいく展開、まとめ方になっています。これは原作が心配になるくらいうまいです(笑)。同じオチは付けられなくなっちゃったんだよな……。

そして脚本のすごいとこもうひとつ。とにかくバトルが熱い!のです。401ピンチ!どうすんだ!→うおおおおお!!みたいなのが何度か。まぁお約束っちゃーお約束なんですけど。でも燃えたわー。まぁここらへんはあまり書いてしまってもあれなんで映画館でご確認ください。ちょっと今回、これ艦隊戦かよ?みたいなムチャなのも多かったですがアルペジオってことで。

そんな感じで、大満足でしたよ。久しぶりに心からそう言えるアニメを観ました。あとまー、アシガラが可愛かったですね。上のムービーのサムネイルの、黒髪ロングストレートの重巡洋艦ですが。元気でバカで良かった。


それと、アルペジオよく知らん人向けに書いておくと、これ、全編3DCGのアニメなんですよ。船だけでなく女の子まで全部3DCG。CG技術はここまで来てしまったのです。まるで違和感なし。そのうちアニメーターが描くよりCGでキャラ作って動かすほうが安いや……ってことになってしまうかも知れない。