読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

NHKがやってきた

いまのところに引っ越して数年、先日初めてNHKの集金人がやってきました。

平日、会社から帰宅してしばらく後にインターホンの呼び出しがありました。宅配便かな? でも確か全部営業所留めにしたはずだけどな……と思いつつ出ると、NHKだったという。

ぼくはNHKと契約していません。テレビはありますがほとんど見ていない。深夜アニメを録画して週1〜2本見る程度です。そんななのでNHKはまったく見ません。テレビの主な用途はゲーム用のモニターです。

しかし見ていないと言っても金を払えと言ってくるのがNHKであるとみなさんご存知かと思います。今まで何度も伺ったのですがいらっしゃらなくてですねー、などとインターホン越しに言ってくる。すみませんがドアを開けていただけませんか?と。

ネットのまとめとかでNHKの集金人を撃退した話は何度か目にしたことがあるんですが、さていざNHKがやってくるとどう応対したものかわからない。そうですかーとかうーんとか口ごもっているとドアを開けろ開けろと非常にしつこい。

そしてようやく出た言葉が「ちょっと考えさせてください」でした(笑)。いったい何を考えるというのか。集金人のほうも最後は呆れた様子で、ではポストに入れておきますので、と言って帰っていきました。あとでポスト見ると契約用の書類が入ってました。

それで契約したのかというと、してません。やっぱ納得いかないもんなー。だって実際見ていないものに月千円以上取られるとかおかしい。そんなだったらHuluとかNetflixを契約しますよ。まだそのほうがいい。

書類には有効期限が記載されていて、もうそれは切れてしまいました。遠からずまた集金人がやってくるのではないかと思います。お帰りいただく手筈についてちょっと真剣に考えないといけないですね。深夜アニメ見る趣味さえなければアンテナ線外してしまうんですが。