読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

クジラ裁判の誤解


このニュースなー。裁判やって負けたから応じないって酷いよなー、って思いました。最悪じゃんそれ。今後領土問題とかで国際司法裁で判決出て、でも相手国に「知らんわそんなんwww」って言われたら返す言葉ないじゃん。悪手すぎんだろって。

そういう話じゃなかった。完全に誤解してました。同じ誤解してる人結構多そうと思って書く。



誤解は2種類あって、「判決無視」「今後は訴訟に応じない」です。まぁどっちも誤解なんですけど。要は「今後はクジラとかその辺の話で国際司法裁に持ち込まれたら、よく内容見てから応じるか決めるわ」ってことで、「絶対応じない」じゃないんですけど、どうもその辺を限りなくデマに近いかたちでツイッターとかで言いふらしてる人たちがいたみたいで、ぼくもそれを目にしてしまったようです。リテラシー低すぎだ。

もちろん、判決無視なんてない。今回出た判決には日本はきちんと従うとのことです(当然)。そもそも日本のように「国際司法裁への訴えはなんでも受けて立つわ―」って国のほうが珍しいそうで、ほとんどの国は内容を見てから受けるかどうか決めることにしているとのことでした。日本もふつうの国になってしまったんだな、ということでやや残念なことには違いないですが。

まぁ、もし「絶対応じなくてはいけない」が決まりだったら、竹島の件とかとっくの昔に国際司法裁に持ち込まれてるはずで、ありゃお隣が応じてないからそうなってないわけです。日本がクジラの件では応じないよ〜と言ってもそんな変な話ではないってわけ。