読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

iPad Proで漫画を読む時の問題点について

iPad ProはKindleアプリを使うと見開きで漫画が読めます。もちろん他のiPadでも見開きで読むことは可能ですが、表示サイズの問題がある。iPad Proだとほぼ紙の単行本と同じサイズで表示でき、読むのになんの支障もありません(解像度がまだiPad Proに最適化されていない件はいったん置いておきます)。


いままでのiPadや純正Kindle含む画面の小さいデバイスでは、漫画は1ページずつ読むのがふつうでした。見開きだと字が小さすぎて読みにくいのです。でも見開きを半分の1ページずつに分けて見る・読むということは、作者が意図された読み方ではないですし、実際読みにくい。見開きっても必ずしも2ページで1つの大ゴマなわけでもなく、上半分は見開きで下はふつうのコマだったりすると、前のページに戻ったりしなくちゃいけないし。漫画を読む時はただただページめくりに専念したいのに、インタフェースが透明じゃなくなっちゃうんですね。

また、紙の漫画にも問題点があります。ページの歪みです。製本された漫画の本を開いて読むので絵が湾曲しているわけです。特に、左右のページが閉じられている中央付近では、絵をかなり斜めから見ることになります。このことは普段はあまり意識されることはないですが、見開きの中央をまたがって顔が描かれてたりして、残念なことになっているのを見た経験はないですか? 作者は漫画を平らな紙またはディスプレイで描いています。それを紙で読む時に歪んでしまうのは、これまた作者が意図された読み方ではないです。


しかしiPad Proになってこれらの問題点が解決されるはず、ついに最強の漫画読み環境が手に入る!とぼくは思いました。この認識はおおむね正しかった。でも最強イコール最高、というわけではありませんでした。


iPad Proでは確かに見開き問題、ページ歪み問題は解決されています。しかし別の問題が出てしまいました。2ページを一度に表示できるため、左のページに目が行ってしまう、視線が泳いでしまうのです。特に左ページに派手で目立つ表現があると、まだ右ページを読んでないのに左に視線を持ってかれてしまうんでした。

この問題は紙の本では発生していませんでした。紙でも2ページを一度に表示しているわけですけど、それらは製本された中央部分で左右に分離されていたのです。そんなことにいまさら気づきました。でもiPad Proにはそれがありません。1つの表示領域には1つのものを表示するのが、やはり自然なんだなぁと思いました。


現状この問題は、慣れで解決しようということにしています。左ページを見ないように見ないように、見ても意識しないように、そう思いながら読んでる。そのうちあまり気にならなくなるのかもしれません。もしかしたらアプリ側で、本体を横にして2ページ表示の時は左右ページの中央に黒い線を引く、等をしてくれると調子いいのかもしれない(見開き判定が必要だな……)。紙を模してだんだん暗くなるグラデーションを入れるとかはやりすぎか、本末転倒か。


最終的には、これは作家の側の問題なのかもしれないな、と思いました。もう漫画って発表の場が紙だけではなくなってきてますしね。WEBコミックでも、紙と同様のインタフェースで読むものばかりでなく、どんどん下にスクロールしていくようなものもある。そういう、読まれ方を意図した描き方がされていくようになっていくのかもしれません。