読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

箱根の日帰り温泉は

また行ってきたんですけど、天山湯治郷がいいのではないかと思うのです。異論は認めるので異論はコメント欄とかでお薦めしてください。


箱根 温泉 |日帰りの湯なら、天山湯治郷のご利用をお待ちしております|


だいたいにおいて温泉はおもいついたらふらっと行くもので、あす有給とろう、って思ったら次の日は会社行くよりも早起きして箱根なんです。しかし毎回おなじところでいいもんか、開拓しないのか、という気持ちもあるんですけど、ググッて、いくつか見て、うーんと唸ってすぐ飽きて、天山へ行く。毎回こんなです。


天山は何がいいのか?

  • 基本的に日帰り専門の施設である(ホテルの温泉ではない)
  • 露天風呂の種類が多い
  • 朝から晩まで開いておりかつ広い無料の休憩所があって長時間滞在できる
  • 食事がうまい

……等々。建物も綺麗(新しいわけではない)で雰囲気もあるし、働いてる人たちも穏やかな感じで好印象です。


まず朝9時から温泉に入れるってのがいいんですよ。都心へ向かう通勤客を眺めながらロマンスカーでビールなど飲みつつ箱根に着くでしょ。そして始業時間にはもう湯に浸かってはぁぁぁ……とか言ってるわけですよ。たまらんな。10時に開く施設はあるんですけどね、10時だとちょっとね。もう昼じゃん。

露天風呂はどんな構成か。メインの広いの。その隣の熱いの。水風呂。洗い場のそばの熱いの。その隣の小さいぬるいの。上にある狭いの(✕2)。釜風呂(≒サウナ)。こんな感じですね。熱いの2つはぼくは入れない。水風呂も入らない。いや、冬の露天の水風呂はマジやばいですって。手足先痺れて感覚なくなってきて、こりゃいかんと思って慌てて出ましたね。メインの広いのにまず入って、上にある狭いのが空いてたら山など眺めながらそっちも入って、釜風呂で汗かいて、ベンチで涼んで、みたいなのをぐるぐる繰り返します。

それで一回行ったら3回は入る。すぐ入る→ビール飲んで読書→昼食→また入る→また読書→帰る前に入る、みたいな感じですか。


今回は敷地内のお蕎麦屋さんでも一杯やってきました(他にも食べるところあります)。いつもは天ぷらそばをいただくんですが、まず日本酒お燗で板わさでいただきました。蕎麦屋での飲み方の作法をググってから行ったんですよ。もう大丈夫。つまみはせいぜい2品ぐらい(うち1品はすぐ出てくる奴)で長居しない。蕎麦は最後に注文。みたいな。蕎麦は白いのと黒いのとありますけど黒いほうがおいしいと思います。たっぷりの濃い蕎麦湯が出されて、おかわりしてくださいって書いてあっていやそれは無理、と思ったんだけど出てきた分はぜんぶ飲んじゃいましたね。辛口のつゆが旨いんですよ。


そんななので、箱根湯本駅より奥へ行ったことがありません。適当に選んだ一発目でかなりいいとこ引き当てちゃったんだろうなこれ。天山とか素人かよ……とおっしゃる方はここはどうよっての書いていただけるといつか行くかも知れません。姥子秀明館はいつか行く。


追記:あー、あと天山はタトゥー禁止ではありません(個室はなぜか禁止)。ぼくは禁止よりいいと思うんですけどね。外人さんも多く見かけるし、外人さんじゃなくて見事なやつが入ってる人もときおりいらっしゃいます。