読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

録画は罪


ここ数日の話題ですね。4K放送は「録画禁止」、放送局の意向により、有料だろうが無料だろうが録画できない、ということになる可能性もあると。

ぼくの感想としては、録画禁止はあり得ない。あり得ないから、どんどんやったほうがいいと思います。

なにをどう考えたら録画禁止なんて発想が出てくるのか大変興味深いです。あれだな、水槽の水を抜いたら魚が歩き出すとでも思った?ってやつ。きっと録画禁止にしたらリアルタイムでTVを見るようになるだろうと放送局のお偉方は考えてるんだろうなと思います。

実際のところは、録画が禁止されたら見なくなる、そんな面倒な番組は単に見なくなるだけだと思うんですけどね。だって録画できないからいちいち毎週同じ時間にTVの前に座ってないといけないんですよ。3ヶ月の間毎週ですよ。1回でも見逃したらアウト!ですよ。そんなん始めっから見ないわ(笑)。

これ、録画できないから4K番組見なくなる→4KTV売れない→視聴率上がらないのでつまらん番組しかできない→見なくなる→TV売れない→つまらん番組、のループになって、ただでさえ危ぶまれてる放送局の終焉をさらに早めるだけなんじゃないかとぼくは思います。だからこそ、やったほうがいい。「4K番組は録画禁止」にぼくは賛成します。さっさと終わってしまえ。