読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

『残響のテロル』の舞台観てきた

舞台『PREMIUM 3D STAGE 残響のテロル』


むっちゃ良かった。場所はZeppブルーシアター六本木。

アニメはあんまり流行んなかったかもしんないですけどぼくは大好きな作品で。特に最終話はヤバかったよねー。

客層は見渡す限り女子! そっかーメインが男子2名とかだとそーなるのかー、と思いました。たぶん95%以上女性だった。

なんでこの作品知ったのかってーと、前回攻殻機動隊ARISEの舞台化を見に行ったら、なんかに登録されてしまっていたみたいで(笑)、案内のメールがきたんですよね。あっち(攻殻)も、こっち(テロル)も3D。メガネ掛けて見る演劇です。3D度合いはこっちのほうがおとなしかったかな。

で、攻殻のときは、素子や荒牧はともかくほかのキャラは見た目はいいとして演技はなんか似てねーなー……って思ってたんですけど、テロルは違うよ。見た目も演技も再現度がハンパない。ナインもツエルブもすごいよかったけど柴崎がもー本物だった。本物っていえばハイヴがマジ超本物でした。アニメで声あててた潘めぐみさんがハイヴ役やってるの。ホンモノ(笑)。あとリサの人も、アニメのあのうじうじした感じを正確に再現してて、これお客さん(女子)イライラすんじゃねーかなーって心配してた。

残響のテロルと言えば音楽が菅野よう子さんなんですが、舞台でもアニメと同じ曲をそのまま使ってました。テロルはサントラも素晴らしいので買え買えって思うんですけど、クライマックスでああいう曲がながれるともうだめだ。舞台見て初めて泣かされました。ハイヴが死ぬとこな。3Dメガネ掛けてんのに涙拭えないじゃんって。

それでぼくは演劇とかふだん見ない人なんですけど、やっぱりテロルも前半でシリアスな作風とはちがうギャグ挟んでて、ああなんか演劇はギャグをやるのがお約束なんだろうか……って思いました。別にいいけどね。さすがに後半はそういうのなかった。まぁ満足度すごく高い。良い物みちゃった。でもこの週末で終りなんですけどね、公演回数少なすぎ。なんかニコ生で1600円払うと見られるらしいです、2Dだけどね。どうしよー見ちゃおっかな?