読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

見ている誰かはいるのか


ねじくれてるなぁ。「日本人は宗教がないのになぜ他人に迷惑を掛けない文化があるの」って、宗教ある国が言ってるんならわかるけど、同じく(基本的に)宗教のない中国の記事だった。

でも中国だってあるじゃん儒教とか。仏教だってあったはずだし。むしろ中国人はそういう日本にも伝わった立派な教えがあるのに、なぜ車で人を轢いたらちゃんと死ぬように戻ってもう一回轢くようになっちゃったのかってことじゃないんですかね?

でも「宗教ないのになんでちゃんとしてるの」ってのはアメリカの人とかも疑問に思ってるっぽいです。たぶん「ない」ってのがまず誤解じゃないかなー。明確にはないとしても、なんかありますよね。初詣は行くし葬式も行くしね。だれだって、地蔵の頭を蹴っ飛ばしたりはしないし、神社の境内でゴミのポイ捨てをしたりもしないはず。それなりに多くの日本人は、なんとなく、なにかありがたいものがいて(あって)、なにかに見られてることを意識してると思う。

それとは別に、宗教なんてなくたって、自分がされて嫌なことは人にはしないし、自分がして欲しいことを人にもしてあげるって、結構子供のころから刷り込まれませんか? ひとによる? これは別に、神が不在だとしたって成立する規範じゃないのかなぁ。どうなんだろ。権威がいないと無理ってことはないと思うんだけど。夜中にだれもいない車も通らない信号が赤ならやっぱり渡らない? これは別の話か。

そんなふうにぼく的にはやっぱり、宗教がないと人ってルール守んなくない?って考える人らのほうが、なんかヤバい気がする。うーん、もしかして西洋とかでも科学一辺倒にならないのはそういうのもあるのかな。