読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

赤羽に行く

一度は行かなくてはいけないと思っていたので行ってきました。一応言い訳しとくと、赤羽に行くために有給を取ったのではなく、なんとなく有給を取ったので何するかなーといろいろ考えて結果赤羽に行ったのです。

今回行ったのは下記4店舗です。



定番すぎてごめんなさい。まぁ観光だからね。

赤羽行こう、って決めたのが当日朝だったから、まさか「立ち飲みいこい 支店」が朝7時から開いてるなんて知らなくて。着いたのは8時半くらいだったと思います。この時間てまだラッシュなのかなー?って思ってたけど神田→赤羽の京浜東北線は特に混んでなかったですね。座れた。

それでいこい支店ですけど、入ったっけカウンターはかなりの埋まりっぷり。テーブルも2つくらいは徹夜した若者っぽいのがいる。カウンターはスーツの人もいて、うーん別にスーツって9時5時の人ばかりが着るものでもないしね……って思う。ちょっと詰めていただいてカウンターに入りました。サワー日本酒日本酒みたいに飲んだ。

それからマップ眺めながらまるます屋へ。ここすごいなーって思った。商店街の中に朝から開いてる飲み屋があるんですよ。しかも小学校の近く(笑)。赤羽育ちはオープンマインドを醸成されるなーって思いました。いこいでかなり飲んでしまったのでここでは控えめで。うなぎのカブト焼きがクソ旨かったなぁ……。人生かなんかに沁みる味ですよあれ。すみませんもう1本カブト焼き、とか言ってもいい系なんですか?


で、まるます家からすぐのコスモプラザ赤羽へ。風呂入ってサウナ入って、3時間で千円ちょっとでした。安。時間つぶしのつもりが休憩所で2時間爆睡してしまいましたよ。飲み過ぎだろ。


それから、有名な、立ち飲みできるおでんの具やさん?丸健水産へ。ワンカップとおでんをいくつか頼み飲み。ここも、ここかー!っていう感じの観光客が多かったです。ぼくもそうですが。でも食べたものはどれも美味しい。練り物系がお薦めのようなんで次回はそれメインにする。

それから最後は喜多屋へ。ここは地元の人のための店って感じでしたねー。とにかくお安い。お会計900円とかだった。まさにせんべろか。基本的に常連のおっさんだらけっぽいです。


それでこの4店をどう評価するかってーと、まず、「ここだけ」の観点からするとまるます家と丸健水産ですよね。まるます家の鯉の洗いもうまかったしなー。あとオペレーションの質が高い。これは丸健水産もそうかな。で、他の2店、いこいと喜多屋は、ともかく朝から開いてる!ってとこが売りだと思うんです。質ってより。いや、質も並以上とは思いますけど、朝から飲める店ってないじゃないですか。まぁコンビニ前で飲んでもいいんですけどね。朝からちゃんとした肴が食べられてしかもお安い店が赤羽まで行けばあるよ、ってのは安心感がすごい。


実はうちから乗り換えなしで行ける赤羽。いいじゃないですかーって思った。思ったんですけど、ぼくとか上野で降りちゃうよなーっていう(笑)。次回は赤羽住みの人にガイドしてもらおうと思います。