読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

オバマ広島


あのテレビ東京ですら特番を組んだということで、歴史的意義のある出来事だったのだと認識せざるを得ません。

謝罪するのしないのって話がありましたけど、謝罪されなくてよかったと思います。ていうか、原爆投下時に生まれてもいないオバマ大統領には、少なくとも投下に関してはなんの責任もないわけですし、誰かに成り代わって謝罪をするべきだったと言うんでしょうか。また、日本が仕掛けて日本が負けた戦争でもあるわけですしね。勝利した側がなにを謝るのか。

それに、このツイートの言ってることもあります。



この光景にどんな言葉で謝罪できるのかと。その通りですね。


で。そんなふうに本当は最初から「謝罪は不可能」だったんですけど、これを「謝罪を求めなかった」に巧妙にすり替えて喧伝しているのが今回の日本側のうまいところだと思いました。まるでそこに選択肢が存在したかのように、謝罪を求めないことを日本人の美徳みたいな言い回しで書いてたりする。しかもこれ、中韓への牽制になっている。俺たちは求めなかった、だからお前たちも求めるな、ということです。もし日本が今回謝罪を求めていたら、中韓の南京やら慰安婦やら謝罪せよの声がさらに盛り上がっちゃったでしょうからね。日本は二兎を得た。うまくやったもんだ。


まぁでも、それはアメリカの罪ではなく人類の罪だ、っていうのは正しいと思います。たまたまアメリカが最初に原爆を作ってしまったので使うことになった。日本が先に作ってたらもちろん使っただろうし、ドイツだったとしてもやっぱり使ったでしょう。人類の代表として、命を落とした人たちに謝罪する、というのなら可能かも知れないですね。コンセンサスが得られそうにないですが。


核なき世界への一歩、ですか。ぶっちゃけ無理だと思いますけどね。ぜんぶ廃棄したよーってウソ付いて隠し持ってたら勝てますよね。って考えたらなくなるわけがない。あと隕石とか宇宙人とか来たときのこともあるし、やっぱり廃絶は無理なんじゃないでしょうか。