読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

飲んで記憶がない(またか)

例によって、飲み過ぎで記憶がなく、明け方近くに目が醒めると椅子の上で、アルコールは抜けきっておらず、ほんの2時間ほどベッドで寝てからコンビニで水とスパリブを買って出社、というのをやりました。午前中いっぱいくらいはほろ酔いだという。スパリブは効くけど高いですね。4錠で500円(税別)。毎度買うのもアレなんでもう100錠だかのビンで買おうかなと思ってます。ビンで買っても特に安くはないんですけどね。

それで思ったんですけど。酒飲んで記憶がないときって、いままではこう、だんだん脳の動作速度が落ちていって、場面が飛び飛びになっていって……って感じかと思ってたんです。もちろんそういうこともあるだろうけど、そうでない部分もあるなって。一緒に飲んでいた人たちにあとで話を聞くと、どうもそんなでもないっぽいんですね。驚かれるんです。え、あれで記憶ないの? ちゃんと話してたよ?って。つまりこう、ふつうに話す、応答もしてるんだけど、あるリミットを超えると、その時点より前にさかのぼって記憶が消える感じ。短期記憶が長期記憶に変換される前にバッファがクリアされてしまうような。

そんな感じじゃないかなぁと思うんですよね。でないと、記憶がなくてもちゃんと行動はできてたことの説明がつきにくい。飲み屋での支払いはもちろんしてるし、その後電車で帰ってきて、駅近くのコンビニで水やらお菓子やらまた酒やら買い物をして(ここでもちゃんと支払い)、帰宅して服を脱いで椅子で寝てると、そしてその一切の記憶がないってことについて、脳の動作が鈍って場面飛び飛び説ではうまくない。酔ってふらふらでそのへんに座り込んでるような酔っ払いかたとはちがうっぽいですよ。体じゃなくて頭が先にダメになる系の酔っ払いってだけかもしれませんが。

しかし惜しい、もうちょっと頑張れって部分はありますね。最後が椅子の上、これはもうやめて欲しい。ベッドで寝てくれと自分に言いたい。足がむくんだまま会社に行くのはつらい。あと戸締まりももっとちゃんとやってほしい。時々、鍵をしてるんだけどドアが開いていることがあります。ドアを締め切る前に鍵を回しちゃってて、ボルトが飛び出しててドア閉まりません状態になってることが。防犯的にアレですからもっと気をつけて欲しい。