読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

VR ZONE行ってきた(2回目)

VR ZONE行ってきた - すべての夢のたび。


VR ZONE、2回目です。平日、19:30からの回に行ってきました。


前回、ゆりかもめのお台場海浜公園駅で降りたのですが、今回は台場駅で降りました。VR ZONEがあるダイバーシティ東京プラザまでの距離は、どちらの駅からでも大差ありません。ですがVR ZONEは横長なビルであるダイバーシティ東京プラザのいちばん台場駅寄りにあるため、台場駅で降りたほうがトータルの歩く距離は少ないです(混んでるビルの中を延々歩くストレスもない)。


で、今回は、前回体験できなかった「高所恐怖SHOW」をまず一番にやることを目指していました。この日の一番遅い時間の回だから少し人は少なかったように思います。あと、半分くらいが取材の人たちでした。

「高所恐怖SHOW」なんですけど、うん、やっぱりこれがVR ZONEで一番やるべきアトラクションなんだなと思いました。ぼくはちょっとズルをしました。大丈夫、これはVR、VRだから、すぐそこは床だから……と必死に自分に言い聞かせて、地上200mに張り出した細い板の上を、斜め45度くらいに体を向けてすり足で、板の先端にいる子猫を救出しに行きました。そう自分に言い聞かせないと、圧倒的な感覚にねじ伏せられてしまう。感覚は無理無理無理無理……ってずっと伝えてくるから。子猫を抱き抱えたあとも、その板の上でUターンなんてとてもできやしないので、またすり足でバックですよ。終わってから隣を見たら、隣の人は板の根本近辺で四つん這いで動けないでいました。あの人ぼくが始める前からあの格好だった気がするんですが。

それから「脱出病棟Ω」をやりました。今回はぼくと、知らない人との2人で。その人がコミュ強だったので楽しかったです。もちろん怖さはあるけど、バラバラに廃病院の中を進んでいって時折悲鳴も聞こえるんですが、それでも誰かと一緒というのは心強い。合流地点がいくつかあるんですけどそこに辿り着くとほっとする。最後も迷路のような道筋を相手を誘導してあげて、無事2人とも生還なるか……!と思われたんですけど、いっちばん最後でダメでした。ここはネタバレになるので書かないでおきます。

それからアーガイルシフトやって、電車のやつやって、またアーガイルシフトやりました。今回初めて電車のやつやりましたけど、コースがいくつかあって一番最初のが東京→有楽町→新橋で、おなじみのコースなので面白かったです。なんとなーくコツは分かった。最初はいきなり出力最大にして、区間のトップスピードになったら後惰性で走って、駅の手前まで来たらゆるゆるとブレーキを掛ける。乗客がすっ転ばない程度のブレーキングがいい感じかと。アーガイルシフトは敵機撃墜を頑張る感じでプレイしました。"視線誘導ミサイル"のなんたるかがやっと掴めた気がします。


帰ってきて、はっ、と気づいたこと。前回のレポートで決め手はVRゴーグルの装着状態で、これがズレてると映像が綺麗に見えなくて没入感半減だよって書いたと思うんです。でもこれ、ぼくの目のほうにも原因があるように思えてきました。最近なんだかスマホの字が見えにくいなって感じがしてたんですけど、それってもしかして実は老眼の初期症状なんじゃないかって……。つまりぼくの目はもう近い所にはピントを合わせにくく、VRゴーグルの映像なんかはくっきり見えない状況になってしまっているのじゃないか?って。

だとしたら一大事です。VRはほんとにこれから、今年からなのに、その世界にぼくは入り込めないということになってしまう。ちょっとまずいのではと思ったので今度眼科に行って眼の状態を診てもらうことにします。一時的なものだったらいいんだけどなぁ。


追記:読み返して気付きましたが前回ゆりかもめのお台場海浜公園駅で降りてません! バスで行ったんじゃん(笑)。なんか別のお台場の記憶と混じってるみたいです。