読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

蟹座

勤務時間中に実家から電話が掛かってきた。

よほどでもないかぎり母は(実家からの電話の99%は母である)勤務中に電話など寄越さないので、あ、これはなんかあったのだな、と思って、廊下に出て電話を取った。案の定というか、先日父が病院で検査を受けた結果、癌が見つかったという。

へえ〜、と言っておいた。さすがにガーン、とは言わなかった。言うチャンスを逃したのでもうしばらくそういうのは来ないだろう。まぁ父は年も年なので、癌が見つかっても別におかしくもなんともない。癌で死ぬか、老衰で死ぬかだ。

ぼくは大した感想もないし、母も特にショックを受けている様子はなかった。ある程度予想/覚悟はしていたんだろうと思う。告知というか、本人にも告げられたみたいで、さすがにそっちはちょっと落ち込んでいるようだった(笑)。100歳まで生きるつもりだったのに!ということらしい。それはちょっと無理じゃないのかな―。

年なので、もう手術はしないらしい。どれくらいの進行状態かはもう一度検査するまでわからないけど、薬と放射線での治療になるんじゃないのかとのこと。自覚症状は全くない、痛いとか苦しいとかそういうのがぜんぜんないらしいので幸いである。おそらく入院したりもしないんじゃないだろうか。

とは言え、もって数年なんじゃないのかな。長らく動きの無かった○○家にもちょっとした変化がもたらされる、かもしれないわけです。マンションどうすんのかな。母ひとりだと広すぎるんじゃなかろうか。とかもうすっかり死ぬ前提で考えている(笑)。いやもちろんいつかは死ぬんですけど、少しだけ予想より早まりそうで、いろいろ考えないといけないかなって。

しかし本人は離婚調停中で父は癌かよ。傍から見たら大変な季節だな。そのうえ週3回ジム行って毎日酒飲んでとても忙しい。