読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

都知事選

万難を排して(おおげさ)8時にTVの前に座ってたんですけど、放送開始と同時に当確が出てしまいました。

ぼくは期日前投票で小池百合子氏に入れてきたんですけど、彼女にそれほど関心があったわけではなく、増田氏と鳥越氏、この2人はダメだからというのが理由です。選挙戦開始当初は3人一線みたいな報道もありましたけど、終わってみれば大差。特に鳥越氏のお話しにならなさが目立ってましたね。

まぁなんていうか今回の選挙は、ぼくから見ると、増田氏は空気、鳥越氏自滅、結果浮いた分が小池氏に流れたんじゃないかと、そのように見えました。鳥越氏はひどかったですね。晩節を汚すという言葉がこれほど相応しい選挙戦もなかった。

それにしても宇都宮氏を降ろし鳥越氏を推したのは誰なのか。やはりアレか、おからさんか。人に言われる前に自分で代表選出ないって言っちゃってたもんね。

ところで、都知事選なのに鳥越陣営は安保法案がどうの憲法改正がどうの言いつつ選挙戦をしてたわけですけど、負けに負けたわけで、これはあれですか? もう日本国民は安保法案も憲法改正も賛成してますって認識に、やっとサヨクもそういう認識になったって理解していいですか? 都民は、とか言うなよな。都知事選で国レベルの話をしてたのはそっちなんだからさ。