読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

シン・ゴジラ観てきた(ネタバレなし)

ネタバレなしだからあまり書くことないよ! 超良かったから早く観に行ってね! 「控えめに言って傑作」と書いていた人がいましたが完全同意します。

ストーリーは導入部みたいのがほとんどなくて、いきなり東京湾で異常事態が発生するので、冒頭から油断できないです。その後も状況はどんどん悪化して、政府は日本政府っぽい感じで対応していきます。ありそうなこと、起きそうなことを徹底的にシミュレーションした結果、リアリティのある映画になったんだと思います。

ゴジラは質感が気ぐるみっぽいなーと思ってたんですけど全部CGってことでびっくりしました。あれはわざとなんだろうか。あと尻尾がやたら長くてでかいですよね。体に対してあのバランスでは尻尾振ったらよろめくんじゃないかと思ったんですが、まぁ謎の理屈で尻尾は軽いのかもしれません。手が小さくてかわいい。ティラノサウルスっぽい。顔は怖い。

見慣れた町がゴジラに蹂躙されていきます。震災の映像を思わせるようなシーンはちょっとウッと来ました。もちろんゴジラなんで放射能も出てきますが、3.11のことを踏まえたものにせざるを得ないんだなーと感じました。あたりまえですか。

エヴァ味ありました。いっぱいのひとたちがわちゃわちゃしててジャーゴンまみれっぽいセリフが交錯する。つーかゴジラって使徒だよねって。何を考えているかわからなくて、何をするかわからない、意思疎通できない超越した存在。使徒じゃん、って思って、それから逆じゃんって思いました。時間的にはゴジラが先なので、使徒にゴジラ要素が入ってるわけですね。

とにかく、観て衝撃を受けて欲しいので、内容に触れることが書けません。ぼくは何度か観に行くと思います。