読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

ポケモンGO:ルアーモジュールとおこうのつかいかた

なんとなく分かったんで書きます。

  • ルアーモジュール:ポケストップへ使うと、30分間そこにポケモンを引き寄せます。周りの人たちも効果を得られます。
  • おこう:不思議な香りのおこう。30分香りを出し野生のポケモンを呼び寄せます。

こういう説明。要するにどっちもポケモンを呼び寄せるものだけど、ルアーモジュールは動けないけどみんなに効く。おこうは自分だけに効くけど動きまわることができる。

価格を円換算してみる。11,800円で14,500ポケコインだから、1ポケコインは0.8137931円。0.82円にしておきますか。すると、ルアーモジュールは8個で680ポケコインなので1個約70円、おこうは25個で1,250ポケコインなので1個約41円ってことになります。


で、ぼくの家には家からアクセス可能なポケストップがあります。家から出ないでポケモンを捕まえたい場合、ポケストップにルアーを挿してもいいし、おこうを焚いてもいいわけです。どちらも5分に1匹ほどポケモンが湧きます。まぁおこうのほうが安いので経済的ですか。

ですが、こういう使い方は間違っているということが、実践およびネットから得た知見により分かってきました。


まず、家ポケストップにルアーでポケモンを呼び寄せるのって非効率的なんです。1個のルアーで最大6匹しか捕まえられない。しかも30分掛かる。そこらへん歩き回ればそれ以上の数は捕まえられるし、それに家の周囲にはルアーが挿さってるポケストップだってある。近づけば必ず1匹は即湧きします。金も掛からないし。

そしておこうの効果。これ、動かないと5分に1回しかポケモンが湧かないんですけど、動き回ってれば200m移動ごとまたは1分に1回湧くのだそうです。まぁ実際にはもうちょっと湧き間隔は長い気がしますが、移動しながら使うべきものだということがわかる。


なので、ぼくの両アイテムの使い方はこうなりました。まずルアー。家ポケストップには挿さない。公園等で複数のポケストップが固まっていてそれぞれにルアーが挿さっていて、そのうちの1つの効果が切れた時にちょっと様子見して、誰もルアー挿さないならぼくが挿す、と。捕獲効率維持のために使う。他の人たちのためにもなるしね。

そしておこうも家では焚かない。あまりルアーが挿さってない公園を歩き回るときや、ポケモンの湧きが少ない町中を歩く時に焚く。動かずに使うのはC/P悪いし、そもそもよく湧く所で使っても無駄になるだけだということです。

つまりポケモン捕まえるなら家から出ろってことでした。


というのが、自分なりに考えた効果的な運用です。なんでそこまで考えたかというと、ポケモンのタマゴをかえす「ふかそうち」が高すぎるので、少しでもポケコインを有効に使いたいからなんです! 1個150ポケコインということは約123円。3回使用で壊れるからポケモン1匹をゲットするのに約41円も掛かることになる! これは高いわ。しかしレアポケモンが出てくるし、それほどレアじゃないやつも野生よりタマゴから出てくるやつのほうが強いので、ふかそうち使っちゃうんですよねぇ。まぁ他のソシャゲのガチャに比べれば全然安いかな! くだらないなぐさめだ。