読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

いまさらトロッコ問題


途中で切れてるな。"【悲報】トロッコ問題で「5人の命を助けるために1人を殺してもよい」選択肢を選ぶサイコパスが89%もいるという事実"です。


で、サイコパス呼ばわりされてもますけど正解はそっちがわじゃないかと思うんですよね。5人を助けるために1人を犠牲にする。それを「殺しても"よい"」って言われると少し抵抗を感じるけど、取るべき選択肢はそっちだと。

トロッコ問題はパラメータが少なすぎるんですよね。合計6人はどんな人たちなのか何も解説がないし。例えば1人のほうが死刑囚だったらとか、人間国宝だったらとか、自分の配偶者だったらとか、そういうので選択肢は変わりうる気がするんですけど、なにも属性がない。

でも属性がないということは逆にすべてが等価値だってことだから、やっぱ1人を犠牲にするほうが害が少ないと言えるでしょうね。これが子牛だったら解りやすいんじゃないでしょうか。子牛1頭50万円として、一方にトロッコが突っ込んだら250万円の損害、もう一方なら50万円の損害、となれば誰も何も悩まないでしょう。

そして実際トロッコがそこまで迫ってたらいまさら5人と1人の人となりを調べてる時間もなさそうだし、やっぱり人数だけに着目するしかないんじゃないですかね。

自分の意志で選択したら責任を負うことになるからな
何もしなければその5人が死ぬのは運命だったと、無関係でいられる
それが仮に5億人だろうが5兆人だろうが変わらない


これはありますね。責任を負うのがいやだと。ここだけ克服できればみな躊躇なく1人にぶつけるほうを選ぶのではないでしょうか。それか、何もしないことにも責任を発生させられるか。それもできなくはない気もします。