読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

愛国者


リライアンス・Jioは、すでにインドの80%の地域で4G無線通信を構築し、2016年9月5日からJioネットワークをスタートさせており、2016年内についてはなんとモバイル通信を無料で解放するとのこと。2017年以降も月額149ルピー(約230円)という激安価格で提供する予定です。


インドって世界で中国の次に人口多くて、いま12億くらいでさ、でも増加率高いからちょっとすると世界一になりそうなんですよね。そんな国にくまなくネットワーク引けるって、物価安いのとこの人が超々ちょう大金持ちなのと、両方ないと実現不可能ですよね。

リライアンス・Jioの圧倒的なサービスを受けて、ライバルのモバイル通信社であるエアテルは3G・4Gサービス価格の80%オフに、ボーダフォンはデータ通信容量を70%引き上げるなど早くも対抗する動きが起こっているとのこと。リライアンス・Jioの価格破壊とも言える攻勢によって、インドのインターネットサービスは劇的に変化すると考えられ、今後、インドがIT大国としての存在感をますます高めることが予想できます。


いやいや、80%オフってのもそれマズいでしょ(笑)。それで利益出るって今までどんだけボッタクリだったのよ。でもこう、これで、いままでネットから隔絶されてた数億の人が世界とつながるってなったら、それすごいですよね。世界ぜんたいの数%が一気に知識化(ひどい言い方)されるわけですよね。そりゃ世の中変わる。ってかインドは一気に変わってくだろーなー。そもそもインドって英語圏だものね。いやこれからネットにつながる地域はどうなのかよく知らんですけど。

たった1人の人が国全体に影響を及ぼすって、まだできるんですね。ぼくも、とかは思わないけど。お金ないし。お金以外があるわけでもないし。