読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

引越しとは

皆さんは引越しとかってされたことありますか。まぁふつうあるか。

ぼくは東京の某区の生まれで、3歳くらいに都内の海寄りのところに引越しをしました。でもそのあたりは覚えてないので、その海寄りの場所がぼくにとっては最初の記憶です。小学校のときとかは自転車であちこち走り回ってましたね、埋め立て地を。なんもない草っぱらの有明とかね。漂着物(ゴミ)だらけのお台場とか。

で、そこ、つまり実家、には社会人になるまでいたのです。社会人になってひとり暮らしを始めて(引越し)、んで結婚することになって某所で同居を始めて(引越し)、そして別居を始めて(引越し)、そして神田に引越してきて、さらに今回また引越しをしようとしている。

ぼくはいままで都合4回引越しをしてますが、運送業者に頼んだのは1回目と2回目だけなんですよね。3回目、同居→別居の引越しは、デスクトップPCだけを宅配便で新居に送りつけ、あとのものは何も持ち出さず、生活必需品はすべて引越し先でちまちま買い揃えたので、実質引越し作業っぽいことなにもしてないんです。(ちなみに旧宅に残してきた荷物はすべて処分されました)

そして4回目は、知り合いのツテからいわゆる「なんでも屋さん」に頼んだ。見積りとかなしで作業時間の実費で払った。たしか業者だと一緒のトラックに乗ったりはしないんですけど、なんでも屋なので同乗してだらだら無駄話しながら新居へ向かいましたね。それが例の3.11、震災の次の日のことです。よくキャンセルされないで受けてもらったと思う。助かりました。

それでいよいよ次は5回目の引っ越しですけどね。さいきんまともな引越ししてないんでやりかたわすれたわ……。出来得る限り荷物を減らして赤帽に頼むかな―とか考えてるんですけど。それかまたなんでも屋か。これからあらゆるものを処分しまくる予定なので、そんな荷物ない(ようになるはず)と思うんですよね。業者に頼むと割高感出そうで。

だいたい引越しの日を決めて、よし、じゃあ、それまでこの神田の町を再発見しにいろいろ探索しましょうか!って思ったんですけど、それって無理なんですよね。だって、そんなことができる週末の時間はみんな引越し準備作業にあてないといけないんです。もうこの町を見て歩く余裕もないんだ。そう気づいたのが一番ショックでした。皆さんも、引越し決まってからじゃ遅いです。ふだんから自分の町をよく見ておきましょう。