読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

異常で不毛なスマホ市場


この2つのニュースを合わせると、スマホ市場ってどれだけ歪んでるんだ、ということになりますね。

アップルの利益が全体の104%(実際は103.6%らしい)って意味、わかります?

シェアが100%を上回っているのは、他のベンダーが損失を計上しているためです。前年同期のAppleの営業利益におけるシェアは90%でした。

当然ながら、2016年第3四半期営業利益ではAppleが圧倒的に1位です。2位はSamsungですが、そのシェアはわずか0.9%でした。ロング氏によれば、LGもHTCも損失を出しています。


アップルが103.6%、サムスンが0.9%ってことは合計して104.5%。3位以下の会社の合計でマイナス4.5%という損失を出しているわけです。サムスンはほんとは普段はもっと利益を出してるんですが、今期は爆発するやつを売っちゃいましたからね。

で、アップルが儲けてる理由ってのも、安く作って高く売る、アップル税、ブランド信仰、みんな持ってるから、そういったものです。ぼくも信者なのでいい製品だとは思ってますけど、Androidで性能的に同等のものはいくらでもある。

技術者的にはスマホはやりがいのないセグメントなのかも知れないですね。マーケッター的には挑戦的で面白いでしょうけど。でもサムスンのマーケッターはブチ切れてるだろうなぁ。地道に積み上げてきたブランド力を技術者にぶち壊されてしまったわけなので。