読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

雑記ブログ

D滑走路の音

引っ越したの?どこ? 羽田です。羽田?なんでまた? みたいな会話をもうなんど繰り返したでしょうか。ひとりだけ、飛行機好きなの?と聞いてきた女性がいて、そうなんですよ、とマジレス返してしまったのですが、いま思えばあれはただの冗談だったんじゃないかという気もします。まぁいい。

それで羽田ライフを楽しんでいるのかというとまだまだですね。こう、近所を探求しようにももう外が寒いんですね。歩き回ろうとか思えなくなってきた。引っ越しするには秋冬はあんまりよくないのかもしれません。目の前多摩川だというのに土手にも行ってないですしね。暖かくなってきたら休日に土手でだらだら酒飲みたい。まぁいまの時分でも土手はそこそこ賑やかですけどね、ジョギングの人、自転車の人、犬を散歩させてる人、ただ歩いてる人など。

で、羽田って飛行機うるさくないの?とよく聞かれて、別にそんなことないですよ、って答えてたんですが、落ちついてみると思ったより音がする(笑)。でもぼくはこの音がきらいではないのです。エンジン音、ゴーッという長く響く低音ですね。遠くで聞こえるそういう音は悪くない。電車の音もたぶんそう。近くだとちょっと嫌ですけど。

特に響くのがD滑走路の音、沖に新しく作られたあそこから離陸する飛行機の音ですね。ぼくの家からは離陸待機中の飛行機のお尻がかすかに見えます。あるときエンジン音が急に大きくなったことに気づいて、もしやと思ってスマホアプリのFlightradar24をチェックすると、そこにはまさにいま離陸せんと滑走中の飛行機が映し出されていました。仮想と現実がリンクしたようでちょっと感動した。まぁどっちも現実ですけど。

実は結構羽田って深夜までやってんですよね。発着とも。一番遅い便とか午前2時くらいに飛ぶのある。中国に向かうLCCとかですね。ぼくが寝る時間にはまだ飛んでる。遠くにエンジン音を聞きながら布団に潜ってるのは悪くないです。ていうかすごくいい。いまのところ羽田には非常に満足してます。