読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

『幼女戦記』1話見た

グーテンターク
平和な日常から悲惨な戦場を眺め
「酷いね」と他人事のように呟く常識人諸君。
人の不幸はお楽しみいただけましたか?
私もそうありたいものです。
とは言え、人生とは配られたカードでプレイするしかないのだから仕方なし。
あー、ご挨拶が遅れました。
はじめまして。帝国軍、航空魔導部隊所属。
ターニャ・デグレチャフであります。
第1話「ラインの悪魔」
ではまた、戦場で。


1話の予告編、YouTubeにセリフを書き出している人がいたので拝借させていただきました。いいですねぇ、あの声でこんなことを言われると。ゾクゾクしますね。

それで1話なんですが。もう3回見てしまいました。2巻まで出ているコミック版を見ているのでストーリーは知っているのですが、描き方がずいぶん違うなと。アニメの1話でやったのはコミック2巻の前半ぐらいのところで、1巻の話はまるごと省略されていました。そのため、視聴者は幼女ターニャが日本のサラリーマンの転生であるということも知らない。まぁそこらへんは2話以降で描かれていくのだと思います。まずは幼女と戦争で関心をゲットしたいと、そんな感じなんでは。幼女戦記のタイトルでいきなりおっさん出てきてもねぇ。

キャラクターデザインもコミックとだいぶ違う。ターニャはともかく、セレブリャコーフ伍長なんて同一人物だってわからなかった。まぁぼくはアニメ版のくちびるのぽってりした女性キャラデザインもいいと思いますが。シュワルコフ中尉も別人でしたね。共和国軍もなんかへんなのいたし。

1話はOPもEDもなかった。OP曲もなかなかよいと思いますので早く映像と組み合わさってるところが見たい。EDはターニャが歌ってるようなのでそっちも期待です。