読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

Nintendo Switch来るからSplatoon2やろうぜ!

記憶をなくしてもう一度最初からやりたいゲーム。ぼくの場合はスプラトゥーンです。イカになってインクびちゃびちゃ。新しいブキの追加、新しいステージの追加、フェスの興奮、勝利のよろこび、「ナイス!」。あのワクワクはこれまで経験したことがなかったものですね。


で、13日は任天堂の新しい据え置き型ゲーム機、Nintendo Switchのプレゼン日だったわけですけど、もちろん本体だけでなくゲームソフトの紹介もありました。そこでスプラトゥーン2の発表があったわけです。まぁ出ることは事前に判っていましたが、正式発表は今回です。夏発売。アツいナツです。

ぼくは感無量で。

言いたいことはいっぱいあるのですけれどひとつだけ。ブキやステージは一新されてもかまわない。でも曲は、前作のものを残しておいてほしい、前作のラインナップに追加という形にしてほしいなって思ってました。

つーのはスプラトゥーンはバトル中の曲がとてもイイ。どれもいいけど特にSplattack!Hookedがぼくは大好きで、この2曲がかかるとバトルにあたってのアガり度合いが違うわけですよ。「やるかー」と「いくぜーッ!!」くらい違う。

その2曲は残してほしかったけど、でも「2」の初公開ムービーで使われたこの曲……



えっびっくり……エエやんか……! なんでこんなすごい曲を簡単に繰り出してこれるの?? オッソロシイな。前作の曲残しておいてくれると嬉しかったけど、残ってなくてもぜんぜん大丈夫そう。そう信頼できる完成度でした。Splattack!のメロディライン(二枚貝〜)をちょっと入れてあるところが小憎ら嬉しいw


でねー。Switchプレゼンでスプラトゥーンプロデューサーの野上恒さんが出てきて変なポーズキメてこうおっしゃったわけですよ。

「今回も、発売後のアップデートによって、ブキやステージの追加を行います。そして、ゲーム内のイベントも継続的に開催される計画です。あのワクワクする時間を、もう一度世界中の皆さんと一緒に体験したいと思います」


……完璧だ。野上P完璧です。ぼくが欲しかったのはそれですよ。現実には無理なはずのものが手に入るんだ。記憶をなくしてとかふつう無理なんですけど、ぼくはそれをもう一度体験できるらしい。なんてすごい。

スプラトゥーンのシーンなんか盛り上がってるけどどうなのかなー、面白そうなんだけどWii U買うのとかハードル高いなー、って思っていた人たち、チャンスです。もう一度来ます。次はあるかどうかわかりません。一緒に遊びませんか?


以下野上Pのプレゼン↓