読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事の雑記ブログ

やっぱりデータは漏れる


業者に廃棄を依頼したHDDがネットオークションで売られて、記録されていたデータが流出したという。あると思ってたけど、あるんですね。しかしこの業者も、せめてデータ消してから売ってれば発覚もしなかっただろうに、その手間すら惜しんで、そして高い賠償金を払う羽目になるのか。なんだかなぁです。

しかしこういう事件を聞くと、この手の業者に対する信頼度が一気に下がりますね。PC無料引き取りとかも中身覗きまくってんだろうなぁ。そして途上国に売られたりね。ゴミ屋敷や遺品の処分業者もきっと、換金可能なものがないか探しまくってるんだろう。会社で機密書類の廃棄BOXを請け負ってる業者はどうなのか。ヤバいネタ入ってないかチェックしてたりしてないのか?

以前に引っ越しをした時は古いPCをバラして処分したのですが、やはりHDDの捨て方に困り、ハンマーで基盤をガンガンぶっ叩いて壊してから燃えないゴミに出しました。同じHDDの基盤持ってきて交換したら読めてしまいますけど、まぁ処分場にこのHDDが辿り着くまでにそこまで気合入った人の目に触れる可能性はないだろうと。安全性と手間を天秤にかけてどこで妥協するかですね。

秋葉原なんかだとHDDを目の前で物理的に破壊してくれるサービスもあるようですが、それならホームセンターで電動ドリル買ってきて自分で穴をブチ開けたらいいのではないか、とちょっと思いました。HDDなんてそうそう捨てるものでもないのでコストパフォーマンス的にはよろしくないですけど、安心度は一番な気がする。