読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

3.11を振り返り忘れる

あれはたしか夕方のことでございましたよね。

ぼくはその日、有給休暇を取得し、翌日の引っ越しに備えてたんでした。つまりあの3.11は金曜日ということになる。ひとりで、揺れる部屋や崩れた荷物や、通じない電話や、あっという間に物がなくなるコンビニや、荒川土手に避難したら方方で立ち上ってる黒煙、そういうのと対峙してたんでした。あとで会社の人に話聞いたら、高いビルの上のほうの大型船みたいな揺れとか、エレベーター止まって階段で何往復とか、十何Km歩いて帰ったとか、帰れなくて泊まったとか、そんな話でした。会社で、みんなと一緒に地震に遭いたかった、という気持ちはちょっとあります。

地震の翌日に引っ越して、3回目の契約更新を前に追い出された。つまり丸6年経ったということになります。長いのか短いのかよくわかりませんが、とりあえず東京は廃墟になってないですね。覚悟してたより放射能の被害は少なかった、というより、原発周辺ですら思ったより少なく、ちょっと離れれば事故前とほとんど何も変わらない、そんな感じですよね。たいへんよかったと思います。不安を煽りまくった人たちもいましたが、別に謝罪等はしなくていいと思う。だって、あの時はほんとうにこれからどうなるのかわからなかったのだから。誰も、こんなに、何もないとは思ってなかった。いつまで続くんだという余震の不安もいつの間にか消え去った。被災地を離れれば、地震も津波も原発事故もなかったような空気になってる気がします。

6年目のその瞬間は飲み屋で迎えました。誰も地震の話とかしてない。みな酔っぱらいですからね。地震の前と後で世界は決定的に変わってしまった、と言った人がいました。ぼくも当時はそう思いましたが、ほんとうにそうだったでしょうか。むしろあれだけのことがあってさえ何も変わっていないような、そちらのほうが大きく感じられるようになってきた気がします。ひとそれぞれとは思いますが。