読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

なぜEXCEL方眼紙なのか

ぼくの勤務先は大きめのIT企業なので、当然のごとく社内で使われる文書の多くはEXCEL方眼紙です。なぜそうなるのか、考えてみました。

理由のひとつは「PCに標準でインストールされているから」だと思います。VISIOで設計書を書く、というのもやったことありますが、これを顧客先に送ると「読めない」と言われるわけです。ビューアで読ませる方法もありますが、インストールをお願いすると嫌な顔をされます。ソフト管理とかセキュリティ云々ではなくただただ「面倒」だからです。なにも考えずにダブルクリックで読めるのが最強です。それにビューアじゃコメント入れらんないですし。

ふたつめは「操作が簡単だから」です。文書を作るのになんでWORDじゃないのかという最大の理由はこれです。WORDはとにかくおせっかいが多くて、時間を掛けてヘルプを熟読しないと思った通りの見た目にできないからです。おおむねWORDでなんか書こうとすると、文章を入力してるより、イライラしながら見た目を整形してる時間のほうが長くなります。あと、ここちょっと追加、とかやると後ろのページまで全部ずれるのもつらい。うちの会社はWORDも使われてますが、だいたいA4一枚で終わるような定形文書のときだけです。前に使ったやつの語句の置換で出せるような。

他にもいろいろ理由はあるでしょうが大きなのはこのふたつだと思います。つまりEXCEL方眼紙を止めさせたかったら、「EXCELより操作が簡単で誰でも手軽に思った通りの見た目の文書を作れるソフトを、無料で全員のPCに入れてくれ」(そしてついでに既存のEXCEL文書を全部そのソフトのドキュメントに変換してくれ)ということになります。無理ですよね。だから今後もずっとEXCEL方眼紙はなくなりません。あきらめてくださいということです。


追記:理由として「ほとんどの人はEXCEL方眼紙を特におかしなことだと思っていない」「EXCEL方眼紙をおかしいと思っている一部の人もその状況を変えるためのインセンティブやモチベーションを持っていない」というのもありそうです。