読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すべての夢のたび。

1日1記事ぐらいな感じでいきたい雑記ブログ

羽田空港観光その1

飛行機に乗るでもなんでもなく、ただ羽田空港に行ってきました。うちから一番近い盛り場って羽田空港なんですよね。


近所のバス停から路線バスで行きます。京急の場合バスでも電車でも羽田空港発着は謎の追加料金が掛かります。バスだとSUICA払いで通常216円のところが276円とかになってます。

バスで行くと、国際線ターミナル→第2ターミナル(主にANA)→第1ターミナル(終点、主にJAL)の順で止まります。各ターミナルへの出入り口の関係で道路が複雑に交差しており、空港内をぐるぐる大回りして「あれここさっきも通ったよな?」と乗客を混乱させながらバスは走っていきます。今日は終点の第1ターミナルまで行きました。


今回はとりあえず軽く空港内を一周、どこかで昼食を取り、なんか酒のツマミでも買って帰る、そんなぼんやりとした予定を立てていました。2階の出発ロビーでバスを降車するので、まずいったん2階の端まで行き、反対側の端まで横断、その後に1階、地下1階でも同じことをします。2階は中央に3-6階があるのでそこは登ります。

実はもうひとつ目的がありました。吉野家は国内で2店舗だけ、特別メニューとして和牛を使った「牛重」を出しているのですが、ひとつは国会内で一般人は入れないのです。そしてもう一方が羽田空港にあると聞いていました。それをどうか食べてみたい、ついでにInstagramにでも載せたい(笑)という。そして第1ターミナルの端っこで吉野家を発見! さてさて牛重は……あれ、ない。もしや販売終了?と思ってググってみると、なんと、牛重があるのは国際線ターミナルの吉野家だという。おお……。残念ながら今回は見送りです。

空港内散歩は面白かったです。2階が出発ロビーで1階が到着ロビー(地下はモノレールと京急線乗り場)なんですが、2階から1階に降りると露骨に空気が変わるんです。華やいだ浮かれた空気→なんか疲れた空気みたいな。まぁ疲れた空気っても別にどんよりしてるわけではないですが。「ハァハァ……楽しかったね……ハァハァ……」みたいな。あと、フロアの中央付近はキラキラしたお店が多いんですが、端っこにくると庶民的になります。吉野家も端っこにあったし。賃料が露骨に違うんだろうなということを伺わせます。

今回、昼食は地下1階の一番端っこの「天鳳」という、町の中華屋さんそのもののビジュアルの店で、お薦めの「天鳳麺」を食べました。職員の人がよく利用してるとか。そして天鳳麺で満足してしまい、土産買って帰るかという感じになりました。2Fに戻ってベーグルと酒のツマミ(漬物と、豆腐の味噌漬けの燻製)を買い、再び京急バスで空港を出ます。帰りのバスは第2ターミナル→第1ターミナル→国際線ターミナルの順になります。


以下、その他もろもろ。

  • 6Fと屋上の展望ロビーは離着陸する飛行機はあんまり見えない。滑走路そばまで行ったほうがいい気がする。
  • 第1と第2間は歩ける。400mほどとのこと。
  • 第1ターミナルには神社があるらしい。今度寄る。
  • 第1ターミナルのカレーうどん屋がすごく美味しいらしい。今度寄る。
  • 第1ターミナルには保育園がある! 羽田空港にある保育園 アンジュ保育園
  • 空弁とか言って駅弁のようなものを売ってるが(うまそう)あれはどこで食べるのか。飛行機内で食べていいの?

次回(日時未定)は第2ターミナル編です。その次が国際線ターミナル編。その次は羽田空港を歩いて脱出する編をお送りする予定です。